Home > 万座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

弓池周辺


デジにしてもポジらしい。立体感と空の色のやわらかさがよいね。データの扱いなおし。

GT-X970はスキャンについてキャリブレーションできるので忠実な"色"でスキャンすることができるけれども、ラチチュードに関してはある程度手動で補正をかけないとダメね。基本的に、抜けとシマリがない状態でスキャンされるので。
まぁ、自動露出というのもあるけれど、これだと、ハイライトとシャドーを切りすぎてしまうし、色によってRGBのどれかのハイライトだけ切れてしまうこともある。そこそこではできるけど。

ま、基本はネガと同じようなデータの扱いでスキャンするとよい状態でスキャンできる。
デジタルをある程度理解するだけの思考はまわさないとダメね。機械に何でもやってもらおうって人には向かないと思う。

写真を撮るのに手間をかけるのと同様に、見られる状態にするのにも手間が要るということだ。
スポンサーサイト

旅先の写真⑪ 朝の散歩


空吹という硫黄ガスがでている所です。あまりでてませんでしたが。。。
茶臼岳の無限地獄の方がすごいかな。
空吹を見るというよりは、宿の周辺を散歩して景色がよかったから、というところです。


こういう朝の斜光がみせる感じがすきなんですよね。

旅先の写真⑩ 青い空 透ける水


このポジの色の綺麗さにやられました。特に、水の透明感が美しいです。

ぜひsafariでどうぞ。青の綺麗さが違います。

旅先の写真⑨ 弓池を照らす



週末ですね。あとちょっとだけ写真が残ってます。。。

旅先の写真⑧ 夕暮れ そして日没



雲がピンクに染まり、そして



夜が訪れる。



デジより色が綺麗でしょ?フィルムを使ってみませんか?

旅先の写真⑦ 湯釜


やたら鮮やか。。。

旅先の写真⑥ 山と雲









いい色でますわ~

旅先の写真⑤ Ektachrome100で撮る


ここからは廃版になってしまったEktachrome100を使った写真です。
ぶったまげの色の綺麗さを見られました。デジ(D300しか知りませんが、、、)が足元にも及ばないのをまざまざと見せ付けられます。
ぜひsafariを使ってデータ的に正しい色でご覧いただきたいところです。(IEやFireFoxは色がくすみます。)

旅先の写真④ 靄沸く弓池


徐々に靄が沸いてきました。

旅先の写真③ 星空のブルー


夜らしく、月照下らしく。。。

先日たまたま手に入ったEktachrome100の現像があがってきました。スゲーっす。

旅先の写真② 満月の弓池


月がとても近くて、影もくっきりでる様なすごい明るさでした。

旅先の写真①


浅間山です。のペーっとした感じが那須と大違いです。

このあと鬼押出し~湯畑にいって、湯釜へ。

アイスクリームの溶けきったクリームソーダみたいな色。

湯釜の反対側には弓池が。

ワタスゲが咲き乱れていました。カメラマンがたくさん居ましたわ。


弓池?そういえば聞き覚えが、と。これですわ。頭に残っていたんです。
夜に来るしかないでしょ~ けれど、ほぼ満月なんだよなぁ。。。と。月齢はチェックして出かけてます(^^;
で、ホテルへ。弓池まで10分じゃーん ニヤニヤ

とりあえず、ホテル周りの探索へ。。


万座峠から雲かかる笠ヶ岳を望む。キャンピング仕様のバスのおじいちゃんが寛いでいました。


薬師堂のある丘?を見上げる。

晩御飯を食べて、また外へ。

真夜中が楽しみです。お酒は飲みません!

願わくはこの雲が無くなってれてくれることです。


Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。