Home > 京都

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

夏休みの自由研究 ~カラーネガの取り込み~

カラーネガのスキャンおよび後処理方法についてです。(使用スキャナはEpsonのGT-X970です。)


ネガは取り込みによって非常に美しく色がでてくる事がわかりはじめたので、ちょこちょこと実験してます。
ポジで同じ事をやっても結局はキャリブレーションしたデータと変わらない色がでるので、スキャナとEzcolorで取ったデータでよい模様。

ネガに関しては、GWに行った京都での写真の色に満足できていなかったので、実験の材料かねて取り込みなおし。
でまぁ、こんな色が出てきました。私としては非常にリアリティを感じるいい色だと思うのですが、いかがでしょう?(って、モニターによって色の見え方がバラバラなので、意味ない?)
業務用の1000万近い機械を使って取り込んだフジカラーCDと比較してもウン十倍綺麗です。

これ、フジカラーCD。緑を鮮やかにしすぎ。。。これはまだマシですが、色々な色が混ざるとひどいデータになります。
フジカラーCDの特徴は、顧客ターゲットをファミリー層に絞ったのか、明るくて鮮やかな方向で仕上げる傾向が強い印象です。こういうのが好きだという人もあると思うし、用途によってはこっちの色が好ましい事もあると思います。

で、本線へ戻ります。
ネガだとアンダー、オーバーを取り込んだままでは表現できないので、トーンカーブを弄って意図した明るさを出す必要はあります。(ハイライトからシャドーまでをあわせただけのストレート出しですと結構眠いです。)
トーンカーブを弄れるのであれば使う価値が非常に高いと思います。
緑の美しさが秀逸です。

銀塩は高いと思われているようですが、家に複合機でもなんでもネガスキャンできる機材があれば、あとは手持ちのレンズと同じマウントの安いボディさえあれば、現像だけのプリントいらずですから思ったよりも安いですよ。フィルムだって、業務用のパックを買えば、店頭価格の半値近くですし。
露出計がなくたってザックリの露出でO.K.なので、そういう点でも心配要りません。

ということで、ぜひチャレンジしてみてください。


なんていうと、タイトルとマッチしないので、以下データの補正方法について、自分のやり方。
スポンサーサイト

Continue reading

Line Art


GWの京都での写真を見返してみていた。夕方の伏見稲荷、鳥居と明かりの作り出す模様が非常に印象に残った。

ネガならではのこの感じ、好きだね。

そぅだ、京都へ行こう -あとがき-


京都タワーからです。ガラス越しの撮影なのでスッキリしないです。。。東寺の五重塔がわかりますか?
ここの地下3階にお風呂がありますので、夜行バスを利用する際は便利だと思います。



梅原猛の京都発見でみた空也上人像に惹かれて行きたくなった京都。GW直前でしたがなんとか移動と宿を手配して行く事が出来ました。

カメラはFMに50mmをつけて。D300はもって行きませんでした。当初どちらも持っていこうかと思ったのですが、そうすると撮影がメインになってしまって京都を旅する雰囲気を失いそうでしたのでやめました。カバンには35mmのレンズを忍ばせていきましたが、blogに載せた1枚以外使いませんでした。本当に50mm1本で撮りきり。小道具でPLとレリーズケーブルを持っていきました。

撮影に関しては、パッと目に入ったいいシーンを撮るだけで写真を撮るための写真は撮らないようにしました。カラーネガ6本、色々と得ることもありました。気象条件や光線加減で色かぶりすることがあるので、その調整は必要です(ファイル名に"-2"となっているのが調整したデータ。プリントに出せば写真屋さんでやってくれます。)
光線がよければ昼間に関してはネガの方がきれいに撮れるように感じます。夜景はデジかな。

あと、マニュアルで撮るメリットも感じました。露出を計りながらどういう感じで撮ろうかを考えたり、構図を考えたり。デジで撮ってはチェックを繰り返すスタイルでは得られにくい1枚へかける時間を持てるのがメリットです。

ゆったりと旅を楽しみつつ、気に入ったシーンを残す様な写真を楽しめるのがいいですね。旅にはカラーネガをつめたフルメカニカル機をお供にどうぞ。CCDorCMOSの関係でデジタル一眼レフでさえ撮れない色があるのに、コンパクトデジタルでは色を楽しむのは厳しいです。小さいカメラがよければ、フジのKLASSEとかNATURAがありますしね。今でもちょいと古いカメラが中古で出に入るのでそっちも面白いかもです。オリンパスのPENとかTRIP35など。ローライ35とかもいいのかな。そっち系の雑誌も増えてますし。
カラーネガ楽しいですよ。露出に関してもデジタルの倍以上の幅があるので、ネガにお任せで大丈夫です。デジタルみたいに神経質にならないでお気軽にどうぞ。

誰かを京都に行きたくさせるような写真、撮れたかな。カメラ片手の楽しい京都の旅でした。



今回の旅の行き先リンクと記事
・養源院      blog記事
六波羅蜜寺   blog記事
建仁寺      blog記事
・清水寺周辺   blog記事
高台寺      blog記事
嵐山(嵐山Walker) blog記事
・常寂光寺     blog記事
祇王寺      blog記事
あだし野念仏寺
伏見稲荷大社  blog記事
三室戸寺     blog記事
宇治上神社(京都府HP) blog記事
東福寺      blog記事

ここのblogさん、京都の写真がよいですよ。

そぅだ、京都へ行こう -東福寺-

宇治周辺を見てその後どうするかという事で東福寺へ。ちょいと荒れそうな風が吹いていました。







東福寺、建物が大きさに圧倒されます。が、写真は撮らず。今の世には作れないでしょう。建築技術もないでしょうし、あれだけの木材を得ることも出来ないでしょう。時代が進むにつれて進化するとは限りません。便利=進化でないことを忘れていはいけないと思います。

宝物展をやっていたのですが、そこで展示されていた金剛力士像の表情がすばらしかったです。鎌倉期のものらしいです。平安期のものもよく見かけますが、これはすばらしい。
六波羅蜜寺の空也上人立像とここの金剛力士像は見る価値ありますね。彫像は普段興味を持ちませんが、これらの像はただの像ではなく、なにかしらの雰囲気を持っているように感じました。

そぅだ、京都へ行こう -宇治上神社-


宇治に出てきたので、宇治川をわたって平等院へ行ってみるか、と。。。行列。やめました。






宇治上神社は本道の周りを一周するくらいしかないのですが、使われている材木の風化に趣があっていいです。

そぅだ、京都へ行こう -三室戸寺-


京阪カラー 好きです。ちょっと撮り鉄デス(笑


なぜここにおわすのか。。。


雨がぱらついたりやんだり。花がきれいに見える明るさでした。


蓮の鉢がたくさんありました。7月頃かな~






躑躅2万株が咲き乱れていました。赤がきちんと撮れるのはネガならではかも。

建造物ではなく、庭の花がメインかな。宇治から臨時便のバスが出ていました。

そぅだ、京都へ行こう -伏見稲荷大社-

ひとまず宿で休憩して再出発。伏見稲荷大社へ。


全国のお稲荷さんの総本山ですね。鳥居で有名なところ。




5時少し前くらから登り始めたんだったかな。。。




だんだん暗くなって来た~




随分陽が落ちたけど、まだ頂上の雰囲気を感じない。。。


もしかしたら、かなーり頂上まであるんだっけ?覚えてねーよ。ちょいと覚悟。

しばしひたすら歩く。周りは楽しみつつだけど。暗い中一の峰まで到着して、お参り。


帰りは足も軽く。。。      雰囲気は軽くないけど(笑


足取り軽く。


雰囲気が軽くない?いやいや、そんなことはない。


四辻からの夜景。8時前くらいかな。安物三脚なので、少しお辞儀してる。。。

いやぁ、思ったのの3倍くらいありました(笑 軽くトレッキングです。息をあげているおじちゃん少々。日光やら歩きなれているせいか、きつくはなかったです。雰囲気も楽しいですし。
夕方だったので涼しく、また人も少なくて歩きやすかったです。行くなら夕方からが私のお勧め。
夜の雰囲気もまた味なものです。

そぅだ、京都へ行こう -渡月橋-


暑さにやられて河岸でしばし休憩。。。 舞妓さんの格好をして街をうろつけるらしく、そういう人をちらほら見かけました。まぁ、格好だけでなく歩き方も欲しいところです。

そぅだ、京都へ行こう -祇王寺-


苔に覆われた静かなお寺です。庵といった方がふさわしいかな。


庭の苔がきれいでした。端に苔いろいろがありました。色々種類がありますね。


名前忘れてしまいました。。。知っている方、ぜひ教えてください。

祇王寺は侘しさの塊みたいなお寺ですね。けれど、日が入るとのんびり柔らかな感じです。

この後、化野念仏寺へ行きましたが、写真はなしでした。その後、お昼。湯豆腐とゆばを食べました。
日光のゆばとはまた味が違いますね。
日光は「湯波」で、京都は「湯葉」です。知ってました?

そぅだ、京都へ行こう -常寂光寺-

ここももみじが多いです。秋になるとすごいだろうなぁと想像を掻き立てられるところでした。


入り口でのインパクトが結構ありました。


境内をこんな感じで道がめぐらされています。


階段をあがると本堂が見えてきます。


上から京都市内を眺望できます。

そぅだ、京都へ行こう -嵐山散策-


あの電車に乗って嵐山に向かいます。

到着。左はトロッコ電車です。




こんなところをのんびり歩くのは気持ちがよいものです。


透過光でみる緑は格別キレイだと思います。ついつい写真を撮ってしまいます。


奥に見えるのは落柿舎です。隣で看板を出している店のわらび餅がとてもおいしかったです。


ずいぶんと暑い日で、夏が来ることを考えちゃいました。


嵐山のヌシです(嘘

嵐山はのんびり歩くと気分がいいですね。午前も後半になってくると人が増えるので、いくなら早いうちかな~

そぅだ、京都へ行こう -高台寺-

高台寺がライトアップしているという事で、あえて晩御飯を食べてから向かいました。


お寺に上がる道から八坂の塔が見えました。手持限界~ 運もあります。これではトイカメラみたいですね(笑


怪しい人が。。。


道端にぽつぽつと明かりがありました。本当はもうちょっと明るいです。


またもや怪しい感じに。。。

この日は高台寺と向かいにある圓徳院を見て宿に戻りました。ここらへんは自転車を借りてまわると効率がよいです。

三脚が使えないのもありますが、そもそも人工照明での夜の写真はムズカシイデスワ
ライトアップに惑わされず、素直に昼間にいった方がよかったかなと思います。

そぅだ、京都へ行こう -清水寺周辺-

清水寺は、入り口近くまで行きましたが、舞台から景色見てもなぁと思ってやめました。何度も行ってますし。そんなわけで周辺の状況を。。。
こういった観光地観光地しちゃったところはあまり楽しめなくなりました。


絵馬に光が当たってキレイでした。






陽が傾き始めて、光の加減が好みの時間帯になってきてました。


八坂の塔のとなりでコレがなっていました。何の実?

清水寺周辺は従来のお土産さんに加えて、若い女性をターゲットとしたようなカフェや雑貨が新たに増え雰囲気も何もあったものじゃないです。ま、観光地の雰囲気ならバッチリデスガネ。古都京都の雰囲気じゃぁないかな。

そぅだ、京都へ行こう -建仁寺-

禅宗である臨済宗の建仁寺派総本山です。禅宗は、他には曹洞宗と黄檗宗がありますね。黄檗宗は、京阪にのって少し下ると黄檗という駅があり、そこに萬福寺という寺があって、そこが総本山の様です。私がよく写真を撮りに行く黒羽の大雄寺に、黄檗宗関係の古い文書があることが最近わかったそうです。大雄寺に松尾芭蕉が来て10年後くらいの頃のものだそうです。(話が混ざっていたら失礼。。。)

ここは結構広いお寺で、風神雷神の屏風なんかも有名です。でも、なんといっても寺の中でゴロ寝できる環境が一番いいとこではないかなと思ったり。すごく気持ちが安らぎます。


金魚がゆらゆらゆらら 
奥の人のカメラはOLYMPUSのTRIP35。PENと共通部分も多いようです。FMも古いカメラですが、TRIP35も古くて長いカメラのようで、1968年から20年間ほど売られたそうです。デジタルじゃぁありえないよね~




庭も有名ですね。ちょっと風化してざらっとした板の感触がやわらかい刺激で足裏に気持ちよいです。




日差しがよくて、くつろぐ人がたくさんいました。ほんと、お昼寝できます。事実、している人多数。。。


この竜の天井も有名ですね。日光の鳴き竜と勘違いしてか、手を叩いている人をよく見かけました。ちなみに、京都旅行間唯一の35mmF2Dの出番でした。あとはずーーーーーっと50mmでした。
最後の日に東福寺へ行ったときには、35mmかなぁとも思いましたが使わず。貴重なカットです(笑
明るく写っていますが、実際は薄暗いです。携帯やコンデジでフラッシュたいても無駄です。明るいレンズか、高感度に強いD3、D300あたりでドゾ。

そぅだ、京都へ行こう -六波羅蜜寺-

ここは大きなお寺ではないのですが、メインの一つ。空也上人の像があるのですが、これの実物が見たくて。
実物の写真はこちらから


このお寺は路地を通っていくのですが、路地もまたよい感じで。。。


小さなお寺ですけれども、落ち着いたいい雰囲気のお寺です。自然とお線香でもあげようかなという気分になれます。
空也上人の銅像は一見の価値があると思います。

そぅだ、京都へ行こう -養源院-

まずは養源院から。この界隈を自転車でまわりました。




京都のここそこで緑が印象的でした。

ここは、鳥居元忠以下が伏見城で亡くなった際の血を浴びた板などを使っており、その弔いの意がこめられているそうです。
戦国・安土桃山時代の歴史小説を読む人なら感慨ひとしおかな。
天井の説明をしてくれるオバちゃんの声がちょっとアレだけどね~

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。