Home > 八方ヶ原

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

雄飛の滝



スッカン沢にある雄飛の滝までぷらっと。
水の青さが美しく、また、ツララが大きく育って
迫力のある場所でした。

最近はブローニーのポジフィルムが好きで
この40年前のカメラを使っています。
中判であおりの利くカメラとなると数少ないですから。

120は135のフィルムと比べると階調がいい気がして
上がりを見るのがとても楽しいのです。
デジと比べれば色艶は比較にならない気がします。
ただ、GT-X970でのスキャンだとシャドー部を
拾い切れないという問題がありますが。。。

ただ、65mmほどの広角になるとあおりを使うことが
ほとんどできずにこのカメラをわざわざ使う理由も
ないかなぁ、なんてことも考えてしまいます。
まぁ、これが真価を発揮するのは山に登ったときかな。
でも、ちょっと重い。。。
ライズが使えれば135用のレンズでもいいのですけれどね。

それでも、撮るためのプロセスも楽しみの一つですし、
スローに撮るのもいいものです。


スポンサーサイト

咆哮霹靂の滝



これは咆哮の滝らしい。
霹靂の滝の方は迫力があったけれど、ちと撮りにくかった。

川の流れ



先週ちょっと歩いてみた。
日が翳っていて写真を撮る日和ではなかったけれど、
様子見かねて歩くには涼しくてちょうど良かった。

青空



Distagon T* 2.8/25 shows deep colors.
(This was lighten a little.)

雪に立つ笹



Today, I try to write in English.
To Improve English skill.
But NO PURPOSE. JUST I DO IT.

Can I go on doing?

EPP shows us beatiful white color.

もみの木



ちょこたんと頭を出した様がいい。



昼間に歩くのだとカメラは要らないのかもなぁ、と。。。
写真を撮るつもりならそっちに徹さないと自分の好きな
ものは撮れない気がしている。

巨木の根


アンセルアダムズのアメリカ原風景という写真集をまた借りてきたのですが、モノクロで風景写真を撮りたくなるすばらしさです。これらの写真を生でみたらぞっとするんだろうなぁ、と。。。

アンセルアダムズはゾーンシステムを考案した人ですね。
35SPはスポット測光できるし、露出はEV表示だし、トライエックス入れてやってみようかな。

枯葉を歩く


八方ヶ原は初めてでした。天気の良い時を狙って来てみようかな、と。
今日は二日酔いで死んでましたorz

昨夜の時点で日光の天気予報がまったくもって芳しくなかったので。。。
来週は晴れて欲しいなぁ。

仁三郎の滝


上からちょっと歩いてみました。スッカン橋まで行ってリターン。こっちからのルートは個人的にはあんまり面白くないかなぁ。それ以上に、やっぱり天気だ~
ただ、このあたりの自然はナカナカよいですね。

三脚を持っていなかったのでちょと撮りにくかったです。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。