Home > 東京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

monochrome#171



スポンサーサイト

皇居



築地の仕事



眼鏡をかけてぱぱっと撮るとピントをはずすことが多い。。。
ファインダーと目の距離は重要だ。

PRO400は興味でつかってみたけど、これも悪くない。
色に誇張は無い感じ。

夕暮れとオンナノコ



夕日を綺麗だなぁと思うのはどこに住んでいても同じね、きっと。。。

夕暮れ雲



築地の仕事



築地の仕事



冷凍マグロ



ここは冷凍だけだったけれども、黒々としたマグロは綺麗だ。

早朝の築地場内市場を歩く



ちょっと(?)覗いてきた。

Continue reading

monochrome#67 新宿19:28



モノクロネガを使っているとき、
露出は1日で数回しか計らない。

と言いつつ、露出計を買ってみた。
SEKONIC L-308B 中古だ。十分。

monochrome#66



縦の写真は1%分も撮っていない。
比率は同じなのに、縦にすると
アンバランスな感じがするのだ。

17inchのモニターで見るなら、F11を
押すとスクロール無しで見られます。

銀座


モノクロフィルムをスキャンしていて感じるのだけれども、黒がしっかりとしまったコマとそうでないコマがある。ネガの露出は適当でも写るのは確かなのだろうし、プリントで補正できるのは確かだろうなとは思うけれども、データにしてみるととてもじゃぁないが適当でイケルなんて感じがしない。適正露出はあくまでもひとつだと感じる。
スキャンのテクが影響している可能性は現段階では否定できないけれども。。。

IlfordのXP2Suer400とkodakのBW400CN以外のモノクロフィルムは現像によってネガの濃度が変わってしまうはずなので、いつも同じ現像かどうかがわからないために撮影時の露出補正だけでは不足だけれども、前述の2つのフィルムに関してはミニラボの現像機で、マニュアルどおりのいつも同じ現像が得られるのだろうから、ネガの濃度を考えた他人任せ現像の上ではいいのかもしれない。

黒がしまらないコマはどうにもならないと感じている点を鑑みると、モノクロネガに関しては黒を基準とした露出補正の方がいいのだろうか。
ちなみに、黒がしまらないコマは焼き込んでも黒が出ないんですよねぇ。。。不思議だ。

数枚、このkodakのBW400CNというネガによるモノクロが続く予定。

東京の街角



この雰囲気はデジじゃぁ出ない。フィルムはカラーだけれども、CaptureNXでモノクロにして微調整した。
モノクロフィルムとはまた違う描写でもある。
違いはというと、カラーネガからモノクロにするとちょっとネットリした感じになる気がする。カリッとした硬い感じはモノクロフィルムでしか出ないのかな。

見下ろすビル群


新宿ショールームのある新宿エルタワー28階から。中間色を少し落としてます。
ほんと、OLYMPUS 35SPによる写真はほとんど撃沈。これともう一枚がましだったねぇorz
写真を撮る際になんらかの意思がある場合は一眼レフの方がいいようだ。旅の記録なら十分答えてくれるカメラだけどね。
それに、周辺部をみてもしっかりと写っているしビルが歪んでいたりもないし、レンズとしては結構優秀な模様。ちゅうか、ディストーション全くワカラン。オソロスオソロス クワシクチェックシテネーケド

ここに行った訳は、ニコンサロンbisのニコン・ヤマケイ写真塾の参加者によるコンテスト形式の入賞作品展を見るためでした。一応、風景やら山やら私も撮りますからね。最近ご無沙汰ですが。

塾生も私も素人には違いないのだけれども、写真歴1年の私の感想としては、全然オモロナイ。これで入選作品と言っているが、どういうレベルなんだろう。塾生の中からの選抜だから、分母を考慮する必要は多分にあるが。。。
撮った人をくさす気はまったくないのだけど、じぇんじぇん物足りなくてがっかりしたわけです。

撮りたいという気持ちと、それに裏打ちされた足での稼ぎと研究が必要なんじゃないか、と。目と足鍛えるのが先だという感想です。年取ったらなかなか鍛えられないけどさ、三浦敬三さんと雄一郎さんでも見習おうぜ。

そぅだ、京都へ行こう -出発前編-





出発時刻を待つ。カラーネガをつめたFMと50mmの新しい相棒と共に夜の街を歩く。出発までのしばしの時間、田舎では得られない被写体を探す。
傍観者の自分と、街へ消えてゆく人。ちょっとしたコントラスト。

ここのblogの写真で興味がわいて、挑戦してみました。写真がカッコイイデス

(SUPERIA X-TRA400, 1/30 f2 )

国会議事堂



最近ノージャンルの傾向が強くなってまいりましたw 
写真掲示板に投稿してみたりもするのですが、あぁいった所は基本的に風景なら風景といったような似たジャンルの人の集まりのように感じます。コメントがつき易いのは美しい風景が大半ですかね。見慣れてくると同じような感じもしてきて、変化が欲しくなります。

ま、写真は基本的に自己表現自己満足の世界なので、撮れたぞ~的な写真が多くなるのはよくわかります。ただ、やっぱりじ~っくりと見てみれば、それから先が見える見えないに差があり、面白みに差が出るように思います。
撮れたぞ~ではなくて、そこから先の何かが欲しい。技術とかラッキーを誇るだけの写真はそこでおしまい。もう一歩欲しい。

っちゅ~かですね、なんでこんな事言うてるかいいますと、若干自分の風景写真に飽きが来ているとそういうわけでございます。何か足りないけど何がたりないのか?
実はベクトルそのものが違うのか?

東京今昔 其之参



3枚ほど江戸城を通して今昔際立つ写真を。

東京は人が多く文化が発展するだけあって、色々な面に目を向けることができれば面白いところだと思います。人間なくしては文明・文化の発展はありえません。逆もまた然りですが。

それにしても35mmF2Dばかり使っています。これ一本で十分。
見た瞬間に感じた何かをスパッと写し取ってしまわないと感じたものが写せない。ズームをぐぃんぐぃんやってどうやってとろうか考えているうちにその時に感じた印象が薄れて写せなくなってしまうように感じています。

制限がある程度あったほうが自由が生まれます。
無限の自由を使いこなせる程に頭が発達している人なんてなかなかないのではないでしょうかね。ならば却って制約下の自由の方が工夫をするきっかけとなってよいというのがワタシの持論。
Tags: 東京 35mmF2D

東京今昔 其之弐



Tags: 東京 35mmF2D

東京今昔 其之壱



Tags: 東京 35mmF2D

東京タワー



シフトレンズでの撮影を考えてみると、同じ線上にあるものが極力ピントがあっているのがよいのだろうと。タダ単にガウスかけるだけですと、こういう高さのあるものは難しく、結構手間かかりました。
どうでしょ?結構うまくできたと思っているんですけど。。。

本城 直季のsmall planetチックにしてみたかったという事です(笑

朝の交差点



ちょっとやってみたかったんです。PC-E NIKKORなんて高くて買えね~

朝が始まる



朝に走っているカブなどを見るとこの時間を象徴しているように感じる。この時間は東京とはいえ休日という事もあり人影を見るもまばら。
人が起きて皆が見るものよりも、ちょっと早起きして人が気に留めない時間の中で何かを見るのが好きだ。特に、朝の静けさがここちよい。

多くの人は何かの理由があって動かされている様に思えるこの時間にあって、この時間独特の空気感を独り占めしている様に感じられるのが好きなのかもしれない。

これが出かけたときの楽しみだ。
Tags: 東京 35mmF2D

朝 ~日差し~



逆光がきれいでした~ どこでも太陽の光は届きます。
Tags: 東京 35mmF2D

朝 ~日の出~



そんなわけで日の出も狙っちゃいます。
Tags: 東京 35mmF2D

朝 ~日の出前~



いつもは風景がメインですからね。一応。。。
Tags: 東京 35mmF2D

3部作 東京DarkSide "TOWER"



Continue reading

Tags: 東京 35mmF2D

3部作 東京DarkSide "Color of TOKYO"



Tags: 東京 35mmF2D

3部作 東京DarkSide "Polluted Sky"



Tags: 東京 35mmF2D

水運



たまに東京にいくことがありますが、いつも思うのは街の作りが独特だよなぁ、と。川が非常に多く感じますし、昔は水運が発達していたんだろうなぁなんて事も考えたりします。田舎と違って風景に変化やアクセントがあるのでカメラを持ってぶらつくのが面白いです。

こちとら最近撮るものがなくてムゥ~という感じですわ。気合入れて(?)準備万端山に行くしかない!?

建築比べ



所用で行ったついでに。都写美で映画を見たのですが、観客は10人くらいだったかな。ま、それはまた。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。