FC2ブログ

Home > AF-S_18-70mm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

春の景色



典型的な長野方面のイメージだ。

このあと、車がたまに走るという程度の道でネズミ捕りに捕まったorz  
捕まるのって、真夜中とかド田舎とか、およそ人気の無いところ
ばかりなのが納得いかん。
なかなかゴールドにならない。

そういえば思うのだけれども、土日にちょろっとしか乗らない
流れも読めないようなサンデードライバーが
ゴールド免許というのがどうも解せないのだ。
無事故無違反を表彰するなら、年間1万キロ以上走るとか
ある程度の走行距離による条件をつけてもらいたいものだ。
運転した上で、無事故無違反なら表彰に値すると思う。

車には免許証を差し込まないとエンジンがかからない仕組みを
載せてもらって、更新時には走行距離を確認したうえで
免許の種類を変えるというのはどうだろうかw

旅の朝


@初狩P.A.

長野へ足を伸ばしてきた。

自分と新車の慣らしも兼ねており、総移動距離は1220km、
平均燃費15.3km/lとなった。
旅程は岡谷で降りて、奈良井→松本→美ヶ原→岡谷泊。
岡谷→安曇野→穂高→白馬泊。
白馬→鏡池→善光寺→帰路。

まだ望む景色には季節が早くはあったが、あちこちと
眺めて楽しめた。

写真もぼちぼちと撮ってきたけど、天気にはあまり恵まれず。
とはいっても雨というわけではなく、しゃっきりしなかったというところ。


春山



こっちから行く那須もまたよいです。

って、昨日の日光は霜がおりたらしい。
いいなー

全然関係ないのだけれども、このレンズで撮ると
どうも画がしゃっきりしないのだけれども、ナンデ?


旧赤面山スキー場トップから



なんか今ひとつシャープじゃない。
三脚を使ってないせいか、ベイヤー配列のせいか。。。
はたまた、ピントが合ってないのか。。。

AFまかせだけど、信頼してよいのかね。。。

赤面山に登る



小学生の頃、ここで使い終わらない11回券を腕に滑ったのが懐かしい。
歩いてみたが、斜面はとてもよいのに閉鎖なんて残念だと思う。

このルートは初だったけれど、夏はよいと思った。
また来よう。

月下凍夜



冬らしい冬は撮り納めかな。
久々のBlue。もうちょっと色に深みが欲しいなぁ。。。

そういえば、レリーズケーブルが根元で"折れた。"
マイナス12度程度?で使えないようになるヤワなもんじゃ困るんだよネェ。
D300もバッテリーが半分もあったはずなのにバルブ撮影3枚でシューリョー orz
やっぱり電池に全て頼る機械は好きじゃない。
フル充電で行けば数時間は持つんだけどね。。。

どんな現行のハイエンド機だって、電圧下がればただの箱。
低温下での長時間使用に耐えないヤワな機械はあまり信頼が置けない。
旅行のお供にも頼りない。

F3もシャッター制御にボタン電池を使うのが気になるところだけれども、
バルブ撮影に当たっては"T"と緊急作動レバーを組み合わせれば
電池無しで動くので。。。 ^^;

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりにクリックをお願いいたします。

朝が来た



日が昇るにつれて湖面から立ち上がる蒸気がいい感じでした。

朝の色に染まる雲



山の向こうにある太陽の存在を感じる。

湖面染まる



写し方が写っているものを超えるような写真はまず無い。
そんな言葉が心に残っている今日この頃。

Continue reading

染まり始める空



日の出前は綺麗だよね。

日没後はMagic Hourというけれど、
朝はもっと綺麗だと思う。
言うなればMirachle Hourかな。

夜明け前



久々のこんな写真。
日光はカラーかな。

デジの限界だから仕方ないけど、
虹状の色むらが気に入らん~

自分好みの被写体は
25mm1本とポジで十分かも。
でも、デジは必須w

夜明けの頃



綺麗な夜明け。

NIKON F3



格安良品中古を手に入れました。3万しません v(^ ^)
下は2.5万程度からあるので選びやすいです。
どうせすぐに傷だらけにしますので、実用重視の選択。
とはいいつつ、3箇所程度ペンでごまかしている所は
ありましたが、三脚のあともなくかなり外観良好。
Planarの方が傷が目立ちます(笑

理由は視野率100%。
FMの視野率が93%程度なので、周辺に入り込むのを
計算には入れて撮っているのですが、それでもうまく
行かないことも多いのが珠に瑕でした。
お店でお任せでプリントする分には十分なのですが、
枠ごとスキャンする私には若干使いづらい部分もあり。。。

まぁ、フルメカニカル機が好きなのですが、ダイヤルで
シャッタースピードと絞りを変えられると言う点と
小ささで妥協しました。さすがにF2、F4はね。。。

スクリーンはFMの方がザラツキがきついので、
その分ピントの山はわかりやすい印象かな。
ただ、FMよりもファインダー全部が見渡しやすい。
露出計は激しく見にくい。
+と-しか表示されないので事実上
これでの露出補正ができない。FMより使えん。
ただ、スポットに近い中央重点測光らしいので、
モノクロ撮影には非常に向いていそう。

違いは色々ありますが、ひたすら使います。
でも、やっぱり電気系統は一抹の不安かな。

雪山



明日はこんなの撮りたい。
これはデジでモノクロ変換、Y2、ハイパス。

雲舞う



今日もよい天気でした。
明日も天気が良いといいなぁ。

ポジは撮りきらずに冷蔵庫行き。
デジも持っていっているけど、2台は面倒。
ポジでもそんなには露出をはずさないし(?)、
今度からは1台かな。

モノクロ1本、レンズは2本で行こうとしている俺がいるw

晴れ間



時折見せる晴れ間が印象的だった。



晴れと雪の組み合わせも好きだ。

那須の朝



二日連荘の那須行き。
日曜は朝起きて天気を見てからいったので大丈夫でした。
とはいっても、半吹雪になったりもありましたが。

この季節、晴れると空気が澄んでいて気持ちよいです。

目覚めの光



気持ちいい朝。

陽光差す



そりゃぁきれいなモノでした。
現実に比べると、写真は今ひとつ。。。

日の出に期待



風は強かったですが、綺麗な空でした。
けれど、こういう色はデジのもっとも苦手とするところの一つのようだ。

異質な小田代ヶ原



みんなが撮らないこんな冷たくてちょっと非現実的な小田代ヶ原が撮りたかったのです。
1枚に5分10分とかけるの方が楽しいのです。

でも、アングルはまだ悩み中。

月夜の小田代ヶ原



提出作品はコレにしましたw

こっちの方がよかったべか。500円も払うんだしw

Continue reading

闇夜の小田代ヶ原



今日はとってもあたたかく?-1度までしか下がりませんでした。
ま、昨夜の天気予報から予想できたとおりでしたが、朝歩くのが好きですし、朝靄だけが目的じゃぁないので行っちゃいました。

木道がゆれるのでブレブレですw

今日はホントに収穫なし。ま、そんな日もあります。
帰りに寄った化け地蔵のところと還源山妙覚院浄光寺、東照宮の横の史跡探勝路がよかったです。
街中は紅葉が綺麗でした。

秋の気配


今日の午前はいい天気でした。昨夜は雨であり、朝も天気は今一つな予報だったのに。
天気予報を参考に日光行きを決めているのでこうなると全然。。。

起きて天気がよい時には那須、というのが私のパターンなので今日も行って来ました。

山に行くと必ず非常識な人を見るのが毎回ちょっと気分を凹ませせてくれます。犬にリードを繋がないで来た夫婦がおりまして、繋いでくださいといったらスイマセンといいつつガンくれられるw
イヤミの一言でも進呈して欲しいのでしょうかね。ベコベコに凹むまで言えますけど?と思ったり。

犬が苦手な人のことを考えられないのでしょう。(私は犬も好きですけど。)
おまけに、犬が何かに興味を引かれてどこかにすっ飛んでいったり、他人様の子供などに怪我をさせたりという事への想像力の欠如がイタイ 
うちのコに限ってはないという根拠のない絶対的自信があるのでしょうけど。。。

大人という単語、形が大人と中身が大人を区別するために別の言い方が欲しいです。
古より今の若い者は、、、と言われますが、中年世代もかなりイタイ人がいます。バカだアホだといわれるような人間が中年になるとイタイ中年にそのままグレードアップなのでしょう。
「大人の」分別を持って欲しいものです。

私も大した人間ではありませんが、年齢なりの大人の振舞はしたいと思っています。
愚痴はそれくらいで。



今日もいい天気で、雲の加減が綺麗でした。





黄色や赤になり始めた葉もちらほらとあり、山には秋の気配がやってきているのを感じてきました。


今年の紅葉はどんな具合になるのでしょうね。

白根山から







曇り空でローコントラスト。中禅寺湖が遠方に見えましたが、写真にはうつらないなぁと。。。
本当はちょびさんが行った時の様なよいお天気を期待したかったのですけどね。

それにしても、弥陀ヶ池から白根山まで1.1kmの表示ですが、嘘にしか思えません(笑 

ズームレンズを持っていったのに、結局Planarに付け替えてパシャパシャと。。。光を撮ろうとするとやっぱり差が顕著に思いますし、逆に言うと、そうでなければ結構使える、とも。
見晴らしがいいところへ行くと、案外デジで50mmというやや狭目の画角がちょうどよかったり。被写体との距離と見ている範囲というのは変わるものだなぁと感じました。

ズームでの写りがよければ、ズームによる画角とパースペクティブの変化と絞りを使いこなしてより撮りたい写真が撮れるのでしょうけど、人間の思考のクセというものを考えると、ズームレンズの設計は目に見える画質の向上には努力が払われるでしょうが、官能評価というのは二の次になりそうで今ひとつ気が乗らず。。。(24-70は知りません。)


素人の趣味写真、可能な範囲でゆったりと楽しめばいいのだと思います。撮りたいものが撮れなくてもまぁいいじゃないか、と。

弥陀ヶ池




8時に寝て6時に目が覚める。久々の軽い筋肉痛。。。

菅沼登山口からの登山道を抜けると目の前に弥陀ヶ池と白根山がドドーンと見えるすばらしい景色の展開。。。
ちょっとものをパクついて写真を撮るも晴れ間がほとんど出ずにぱっとした写真にならず。。。

おまけに、なぜかこの日は登りだしから足が重く、しかも、体の芯に力なく、登りはじめて20分でおにぎりをパクつく羽目に。。
写真を撮りつつ撮りつつというのもありましたが、弥陀ヶ池まで2時間もかかりました。おまけに足がやたら重い。コンディション的にはよろしくない感じ。。。

後はずーっと曇り空でした。おまけに3時頃から雨予報。

この日はズームレンズをもいちど使いなおしてみるかとメインで使ってみたのですが、シャッキッとしないです。。。特にこの一枚目、小田代ヶ原で撮るパターンと似ていますが、キレが皆無。。。
ん~ 便利だけど、便利なだけなのかな
(18mmで1/250なので手振れではないはず。)

朝の日差し


登山路途中から。。。朝だけの晴れ間でした。

白根山に登る


前回の予定は男体山の登山と急遽変更になってしまっていたため、未踏の白根山へ。満月近くということもあり中禅寺湖か湯の湖周辺で撮りたい画もあったのですが、天候不順でそのまま仮眠。。。

この山も、男体山ほどではないですが岩ゴロで登りにくい山でした。写真もほどほど。。。

Lightning with FireWorks


花火待ちの人の目を楽しませる雷様二人


花火の背景を明るく照らす雷光

昨夜の花火大会、雷が華を添えてくれました。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。