Home > BW400CN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TRIP35でモノクロ


えーっと、私が撮った写真ではありません。スキャンしただけ。

オリンパスのハーフサイズカメラ、ペンシリーズをご存知の方は多いでしょうが、その普通サイズ(?)版であるTRIP35での写真。フィルムはkodakのBW400CN。
電池を使わずに露出を測る事ができてプログラムオート撮影できると知った時には、セレンのよさとTRIP35の最高のお気軽さに驚きました。

海面の照り返しの感じが綺麗でヤラレタ次第。
35SPにトライエックス込めて遊んでこようかと真面目に思ふ。
スポンサーサイト

Continue reading

Tags: TRIP35 BW400CN

ふうせんかずら


こんな明るい感じのグレー、結構好きかも。
これでも白トビしないのがフィルムのいいところ。というか、フィルムに手が伸びる理由。

朝顔みたいな花


冷水


机の黒いトーンと水の透明感はモノクロフィルムが美しい。ピントと被写界深度がダメね。。。

鴫内


モノクロで風景を撮るのは難しい。日中の風景を相手に写真を撮ることに慣れていないのが大きいのかな。

銀座


モノクロフィルムをスキャンしていて感じるのだけれども、黒がしっかりとしまったコマとそうでないコマがある。ネガの露出は適当でも写るのは確かなのだろうし、プリントで補正できるのは確かだろうなとは思うけれども、データにしてみるととてもじゃぁないが適当でイケルなんて感じがしない。適正露出はあくまでもひとつだと感じる。
スキャンのテクが影響している可能性は現段階では否定できないけれども。。。

IlfordのXP2Suer400とkodakのBW400CN以外のモノクロフィルムは現像によってネガの濃度が変わってしまうはずなので、いつも同じ現像かどうかがわからないために撮影時の露出補正だけでは不足だけれども、前述の2つのフィルムに関してはミニラボの現像機で、マニュアルどおりのいつも同じ現像が得られるのだろうから、ネガの濃度を考えた他人任せ現像の上ではいいのかもしれない。

黒がしまらないコマはどうにもならないと感じている点を鑑みると、モノクロネガに関しては黒を基準とした露出補正の方がいいのだろうか。
ちなみに、黒がしまらないコマは焼き込んでも黒が出ないんですよねぇ。。。不思議だ。

数枚、このkodakのBW400CNというネガによるモノクロが続く予定。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。