Home > DistagonT*2.8/25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

monochrome#171



スポンサーサイト

甥っ子



赤ん坊は見ているだけでかわいい。

たまたまオイラがデジカメを持っているので入院期間から貸してあげた。
病院のような暗いところでも綺麗に写るという事を求めたときに
D300はとても優秀な機械だ。
D40xも使ったことがあるけれど、オートフォーカスの食いつきやポイント数、
ホワイトバランス、露出などを考えたときに、コストがかかっているだけあって、
押せば誰にでも綺麗に写せるというのは高級機の方だ。
51点AFのおかげで人間へのピントはフォーカスエリアを意識する必要もないし。
コンパクトデジタルは、画質から見るとお話にならないですね。
肌の色が全然駄目。高感度になると更に色がひどくて。。。
赤ちゃんの肌を綺麗に写すにはやっぱり一眼レフだと思った次第。
(ま、写真は感度が高めなんでちょっと荒れていますが。。。)

押せば誰でも綺麗に写せる仕様にするには、
・感度自動制御をON
・最低シャッター速度を1/40くらい
上記にして、モードをPにすれば、一眼レフを触ったことが無い人でも大丈夫。
半押しでピントがあって、押し込めばシャッターが切れるのは馴染みがあるし。

露出補正は+0.7くらいにしておけば更によし。
ノイズに関しては、そのままでもいけるけれど、更に求めるなら
RAWで撮ってパソコンでJPEG化をした方がいい気がします。
VIEW NXでのバッチ処理でもオッケー。

ま、フィルムの方が色はいいけれど、枚数とのバランスを考えると
D300には勝てないですわ。

天の川



ペルセウス座流星群のピークは逃しちゃったけれども星を見てきた。
こういうのって、やっぱりデジじゃないと撮れない。
フィルム方はどんな感じなってるかお楽しみ。

太陽と草




男体山の影



1/250 f8 もちっとあけても良かったな。

ブロッケン現象



初体験。
曇っているときにでたので、下界の雲の色がよくないね。

登拝 其の3



ほんの数分前にはガスがかかってあわやという状態にはなったが、
ご来光の瞬間はしっかりと見えたのは初日の写真の通り。

その後、太陽が昇る様をずっと見ていた。
何度見ても、朝の景色は美しい。

Continue reading

登拝 其の2



空に赤みが差してきた。
まもなくご来光との声が聞こえる。
予定では4時47分だそうだ。


Continue reading

登拝 其の1



11時頃か。天気は時折雨粒が落ちてくる様な状態。
人が少ないこともあり、屋根の下でのんびりと待つ人が多い。

ここが登拝口。
これから約4時間の行程のスタートライン。
苦しかろうがなんだろうが、自分だけが頼りだ。

歩き出してしまえば次に写真を撮れるのは山頂。
それまでの間を写真に残せないのは少し心残り。



Continue reading

Distagon T* 4/35 ZF



そんなレンズはない。でも、よく見ると。。。

Continue reading



こんな色が欲しくてフィルムに手を出したんだよね。
この時間の空の青は、どうしてもデジでは平板に
なってしまって今ひとつに感じるのだ。

でも、たまに写真を撮り始めた頃の写真を見るのだけれども、
D40xと18-55の組み合わせでの色が綺麗だと思うことがある。
まぁ、空がそれなりに明るくなってシャッターを1秒以内で
切れるようになってからの時間だけれど。

なかなか好きな色を得るのも難しいものだ。



星空



f5.6で30分だったかな。
色味がよくないのでフィルター処理。

TREBIは星撮りには向かないみたい。
まぁ、それでもデジよりは色が綺麗に出るけどね。

やっぱりE200かな。


日の出



日の出はどこで見ても綺麗だ。

朝日の色



金色に染まる葉っぱが美しかった。

東北を望む



二つ頭は燧ケ岳だ。

白根山



カラーバランスを少し緑へふった。

この後、左回りに山を登るルートを取った。
白根山から左に降りた先にある赤いのが避難小屋だ。

日の出の気配



ルートの途中から。
やっぱり、こんな時間の色が一番好きだ。

今日の夕空



あたらしいblogの一枚目はオートコードでの写真にしようと思ったけれど、そうはうまくいかない(笑

アジサイ



monochrome#159



monochrome#158 自販機




monochrome#157



力を入れて作品を撮るスタイルもあるけれど、
どうやら自分にはそれは無いという考えが固まってきた。

とはいいつつも、手元にカメラがあれば
色々と撮ってみたいのは人情。
メカニカルなカメラに限るけれど、
道具を使うこと自体が楽しいというのもある。
ま、自分の狭い思考と狭い行動範囲の中での
出来上がりを思い返せば、
日々の中にある写真の方が好きだなぁ、と。。。

blogのほうも、毎日何かを残す形を継続するように
してきたけれど、ちょっと変えてみようかな、と。

とはいっても、山へお出かけすればいい景色を
たくさん見られるし、そうすればいい写真も
たくさん撮れる。
緩急の激しいものになっちゃいそうで、
自分でそれを時間当たり枚数の厚みを
均等にできないのは目に見えてたりするんだよね。

まぁ、もちっと写真との付き合い方が変わってきたらかな。

猫 #204



monochrome#156 雨の夜



雨の夜、さまよい歩きたいときもある。

とはいいつつ、これは雨の夜の質感を撮りたくて
お出かけしたものだったりする。
でも、400TXは粒子が綺麗過ぎだな。
こんなときはSuperPRESTOの方が好みだ。

monochrome#155 



FMのスクリーンをクリティカルに傷つけてorz

そんなをしながら思うけれども、機材は少ない方がいい。
物があるということは、それだけ煩わされるタネが
あるということの裏返し。
とはいっても、撮りたいと思う印象もあったりして難しいところ。
バランスが必要だけど。

デジがフィルムのようなやわらかい印象で撮れれば
事がたりちゃうのだけれども、それは願うべくも無く。
5EVしかないデジと、10EV近くあるというモノクロネガ、
まだまだ同じ土俵にゃあがれません。

ま、同じ一眼レフという形をとおして見るから同じ土俵に
あげたくなっちゃうんだけどね。

それに、おなじ写真という土俵であっても、
フォーマットが変われば被写界深度も変わるし
それは印象を大きく変えるし。

おまけに、一眼レフのように視線で構えるか、
それとも二眼レフのようにウエストレベルで構えるかで
撮り方も、視点の高さによる印象の違いもあるしね。

いろいろいろいろあって、なかなかですわ。

monochrome#154 ファインダーを覗く



写ってないカメラも忘れないで。

FMのスクリーンをばらしていたら
誤って傷つけた。ガビーン

アジサイ



アジサイは雨上がりがきれいだ。

今日の夕空



ストレートだと出ないけれど、こんな色は好きだ。
Distagonは色が濃く出るから特に好きだ。

長野を旅する ~新穂高ロープウェイ~



この旅の目的のひとつは残雪を纏うアルプスを見ることでした。
(もうひとつは車と自分の慣らし。)

ということで、車でいける場所で高いところという所でココになりました。
まぁ、千畳敷とか上高地とか乗鞍とかも考えたのですが、
マイカー規制だのなんだのとボッタクリ(?)価格がどうにも気に食わず。。。
タクシーだって、別に低公害車じゃないじゃん?
バス・タクシーがハイブリッド限定とかなら環境保護のためのマイカー規制と
言われて納得するけどネェ。
乗り入れ台数の制限による環境負荷の低減をうたうのだろうけど
制限によってアクセスを困難にする事でのブランド化とか
地元経済へ落ちるお金の確保が第一の目的に見えるんだよな。


Continue reading

長野を旅する ~松本城~



黒壁のお城って好きだわ。
天守閣は70分待ちだったので、堀に沿って歩いただけにした。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。