FC2ブログ

Home > DistagonT*2.8/25

赤面山山頂



久しぶりに山を歩いた。
駐車場からここまで2時間。
変な汗をかいた。
やっぱり運動不足だ。

夏の男体山登拝講社大祭に向けて
歩けるようにならないと。。。

コニカのこのフィルム、第一印象は悪くない。
3年半ほど期限切れだけどねw

初夏薫る那須の里



このエリアはよく写真を撮りに来る。
那須の田舎の様にひかれるのだ。

monochrome#138



そういえば先週は馬頭広重美術館へ行ってきた。
展示は「日本の四季 名所江戸百景展」だ。
歌川広重の作。
前回に来たときに、版画もよいなぁと思ったので。。。

季節ごとの風情を描いたもの。
思ったのは、人が小さくだけれども描かれており、
それがとても良い味付けになっているなということ。

基本的に静である風景に、人間という動の部分があるのが
いいのだと思った。

2回に分けての展示なので、後半も足を伸ばそうかと思う。


monochrome#137



往路:自宅→R400→R352→(桧枝岐・曲屋)→R352→尾瀬・御池駐車場
復路:御池駐車場→R352→R401→R289→R121→R400→自宅
230キロ程度のドライブ。平均燃費は15.6km/lなので結構いい。

---
帰ってきて、近所を乗り回して、本日の総走行距離300キロ。
燃費計での平均燃費は17.9km/l
燃料はまだ半分以上残っている。
満タンで700キロ強走るんですか?GTカーじゃないですぜ。

燃費計壊れてるんじゃないか。。。
---

山のあちら側はまだ春の直前だった。
御池駐車場周辺はまだまだ雪がもっさり。
スキーにシールをつけて歩きに来ている人が多数いた。
いい季節だもんね~

monochrome#135 雫の中の世界



水滴の中に見えるもうひとつの世界。

monochrome#134 雲



夏っぽい雲が見られるようになってきたかな。
夏本番まではまだまだだけどね。
でも、そんな事を言ってうちに夏もすぐ来るのだろう。
季節は日々進む。

monochrome#133 雨上がりに



昨日の午前の雨が止んだ直後の空気のきれいさは堪らなかった。
台風の後とかに感じるあの清々しさはとても気持ちが良い。

カメラには白黒フィルムが入っていたのでそのまま使ったけれど、
最初からポジに入れ替えてしまえばよかったかも。
せっかくのパーフェクトな空気、ちょっともったいなかった。。。

そういえば、25mmが使えるのは景色に俯角を取れる時だとふと思った。
広角が山で準標準足りえるのはそういうワケなのかも。


桜?






夜桜



花の命、儚い哉

ホウライ牧場



車を乗り換えることにした。
(とはいっても、まだ納車されていないので
 自分の中ではまだ不確定な気分。)
今度の車はすべてが半分くらいな印象だな。

車なんて結局は消耗品だし、自分の場合は
とにかく走りやすいかどうかだけ、が重要なようだ。
豪華さや便利さを追求した装備・内装なんていらない。

シャーシと足回りがしっかりしていて、
街のりと遠出で適度にまわせる程度の、
使用用途とバランスがとれたエンジン出力が
あれば十分だと思う。
そこに、ちょっとした荷物スペースがあればいい。

サーキットを走るわけでも、道なき道を行くでもなく、
せいぜいいろは坂程度のワインディングや、ちょっとの
遠出や雪道を楽しめる能力があれば良いのだ。

自分にとって十分とは何か、を色々削ぎ落として考えていくと
シンプルなものになる。
車に限らず、身の回りってそういうことの積み重ねだと思う。

とはいえ、生活を共にしてきた車だし、記念写真を撮ってきた。
モノは記憶の触媒でもあるなんて事も思うんだな。

花見日和



今日はここそこでお花見をしている人を見かけました。
それにしても暑くなったもんです。

monochrome#131 夜の部



地元民だけの静かな時間で好きだったんだけど、
おわっちゃったんだよねぇ。

再開お待ちしております。

monochrome#127 雪解け池



雪が解けて流れ出る春の音が聞こえた場所。

今日は茶臼岳中腹の急斜面で雪崩が発生し一人行方不明だそうだ。
峰の茶屋から700メートルと言っていたな。
今シーズンの茶臼岳周辺の事故は自分の知る限り3件目だ。
触れていない1件は、三斗小屋温泉誌の著者の一人だったはず。

最近の天気で元あった雪はカチカチツルツルだったし、
昨夜とかは雪が降った感じだったから、雪崩は当然といえば当然だろう。

ナゼ行くのかわからないけれど、天気の悪いときにわざわざ行かなくてもと思う。
何か目的はあるのだろうけれど、目的と状況判断のバランスは必要。

とはいえ、家にある者の心のうちはいかばかりか。
山での無理は禁物だ。


monochrome#126



猫 #193



猫も表情で語る。

monochrome#123



構図を決めて三脚を据え、露出をはかり、ミラーアップをして
レリーズケーブルのシャッターをそっと切る。
そんな風にゆったり丁寧に三脚を据えて、早朝の雰囲気を撮りたいものだ。
初夏の瑞々しい空気に触れたい今日この頃。

小田代ヶ原の魅力のひとつが湿り気にあるなぁと思う。

monochrome#119 茶臼岳



モノクロ風景、月夜に撮った様な印象を受けるときがある。



生きていれば誰にも最期は訪れる。

どこで死ぬかなんてわからない。

願わくは、よい思い出を最後に。。。

残されし者はまだ生きなければならないのだから。


monochrome#118 朝日岳



このアングルはいつも撮ってしまう。
けれど、絵としてはおもろくないんだよねぇ。
もちっと工夫のしようが無いものか。。。

monochrome#117 那須を登る



今年は雪が少ないね。

去年の2月はこんな感じ。
blogって便利。

今回まきまきを横着したら若干orz...な状態に。。。

クロッカスが咲いた



春だネェ。
去年の3/24のクロッカス。

那須に登ってきたけれど、Tシャツ一枚+αでいけた。
日焼けした~

そういえば、三脚が壊れそう。
VelbonのULTRA LUXi Mという軽量コンパクトなものを使っているのだけれども、
ねじり固定がダメになってきた。

長所が短所でもあり、高さと強度がちと足りないんだよね。
風景撮りに向く三脚じゃぁ無いのはわかっている。
この三脚で30分も1時間もバルブするのは、ある意味
無謀に思われるところがあるだろうな。
ま、でも、写真見てもらえばわかるけど、それなりには撮れるんだわ。

ただ、やっぱりバルブも多いので、ちゃんとした三脚が欲しい。
かといって、小田代ヶ原でみんなが使っているような3キロも4キロも
あるようなのは御免だ。あんなの持って山歩きできないし。
ザックにさせて、重さは1.5キロまでが許容範囲。
重さはストーンバックつけるなりしてその時々で対応するつもりなので
とにかく軽くて高さがあって丈夫なものが欲しい。

雲台はまだ違いがわからんし、今のが使い慣れていて悪くは無い。


早朝の築地場内市場を歩く



ちょっと(?)覗いてきた。

Continue reading

monochrome#103 雲



このフィルムは好みでは無いみたい。
基本、すごーく軟調なのかな。
光を照り返す川面の様なコントラストのきついものを
撮るには強いのだけれども、こんな風景だとね。。。

RETRO400もDELTA100も好みなのだけれども、
違いを観察してみると、シャドーの濃さの違いのようだ。

まだRETRO400のがあるけれど、思ったことのメモを兼ねて。

春さきどり



マイクロレンズほどではないけれど、このレンズもかなり寄れる。
色はDistagonらしく濃いね。

とにもかくにも、桜の色というのはいいものです。
でも、ソメイヨシノって結構色が薄くて、
イメージカラーでは河津桜だな。

湖畔の夜明け時



カラーの写真も撮るけれど、なんだかんだで
モノトーンに近い写真が自分は好みのようだ。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。



F3の露出計って、ちょっとアンダー傾向な気がする。
精度はあっているはずなので、自分の感覚との違いだけど。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。

月の湖畔



実際にはこんなに明るく見えない。
当たり前だけど。。。

ファインダーを覗いて、枠との差が明瞭にわからない中で
構図を決め、月の具合で空の色と全体的な明るさをを想像し
あとは運に任せてシャッターを切るのみ。
まさしく、人事を尽くして天命を待つ、だ。

なんて事はなく、実際のところそんな気負いも無くて、
今日の明るさだとこんな感じかなぁ、フフフーンと
露光を決めるだけなんだけど。デジもあるしね。
ま、構図がよくわからないのはホントなんだけどね。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。

奥日光の夜明け



泉門池での写真の取り込みなおし。
Ektachromeは100も100Plusも200もベースの色があるので
この分ハイライトを調整してやらないととても眠い感じなる。
そのため、ぱっと見で印象が悪いのだけれども、
特性を理解してスキャンしてやるとよい感じになる。
取り込みやすさならクリアベースのポジがお勧め。

それにしても、なんとなく中途半端な季節だ。
撮りたいと思う写真のイメージがわかないので
足もあまり伸びない。
小田代ヶ原は地面が出ているようだし。。。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりにクリックをお願いいたします。

春のきざし



2月というのに春の訪れを感じさせる暖かさ。
望む冬を待っていたら季節としての冬が過ぎ去ってしまった。

とはいえ、やっぱりまだ2月であって春を感じさせる新緑や
花の色を見るには早い。

今は、元気いっぱいな印象を受ける春という季節を
写したい気分だ。 
花粉だけは勘弁なんだけど。。。

そういえば、Olympusの35SPをほとんど使っていない。
微妙にあわないのかもしれない。。。
手放そうかね~


 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりにクリックをお願いいたします。

Home

写真Links
Archives

Page Top