Home > Ektachrome100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

貴婦人 凛と 



滅多にやらない正面アングル。
うまく撮れないんだな、コレが。

これは完全にスキャンしたまま。
スポンサーサイト

ちょと焼ける



同日に同じ場所にいた方のblogを拝見すると、みなさんコレを撮っていらっしゃいましたね。
ちょっとだけ派手にしています。

力強い青さ



この青も好きだ。力強い朝の青。

空を写したときの印象はあからさまにフィルムが上だ。
そして、空の写り具合は自分にとって重要なのだ。

並ぶ唐松たち



眠たいけれど、これでもコントラストをあげてます。
けれど、このちょっと眠い感じが朝っぽい印象通りになっていい感じです。

朝の雰囲気



爽やかな朝。コレをみずに帰るのはもったいない。

唐松そびえる




戦場ヶ原をつっきる



このルートは初だったかも。すすきの原っぱがよい感じでした。

明日は日の出前の写真を。。。

朝が来る



暗く色の無い世界から浮かび上がってくる木々。

しっかし、EPNはすこし地味過ぎだな。。。
TREBI100Cの方が良かったかな。そのうちVelvia50も使ってみたい。
冬の雪景色は、なにがいいだろうか。
けれど、冬こそモノクロネガフィルムかな。

眠る小田代ヶ原



靄に沈む暗い木々の静かな雰囲気が結構好きだったりします。

唐松



後ろの唐松が綺麗でした。
靄が濃くて陽が入ったときには貴婦人はあまりよく見えなかった気がします。

小田代ヶ原の縁



今日は地味なところで。。。
でも、デジとはちがった味のある写りがよいのです。

明日は明るい写真の予定です。

弓池周辺


デジにしてもポジらしい。立体感と空の色のやわらかさがよいね。データの扱いなおし。

GT-X970はスキャンについてキャリブレーションできるので忠実な"色"でスキャンすることができるけれども、ラチチュードに関してはある程度手動で補正をかけないとダメね。基本的に、抜けとシマリがない状態でスキャンされるので。
まぁ、自動露出というのもあるけれど、これだと、ハイライトとシャドーを切りすぎてしまうし、色によってRGBのどれかのハイライトだけ切れてしまうこともある。そこそこではできるけど。

ま、基本はネガと同じようなデータの扱いでスキャンするとよい状態でスキャンできる。
デジタルをある程度理解するだけの思考はまわさないとダメね。機械に何でもやってもらおうって人には向かないと思う。

写真を撮るのに手間をかけるのと同様に、見られる状態にするのにも手間が要るということだ。

旅先の写真⑪ 朝の散歩


空吹という硫黄ガスがでている所です。あまりでてませんでしたが。。。
茶臼岳の無限地獄の方がすごいかな。
空吹を見るというよりは、宿の周辺を散歩して景色がよかったから、というところです。


こういう朝の斜光がみせる感じがすきなんですよね。

旅先の写真⑩ 青い空 透ける水


このポジの色の綺麗さにやられました。特に、水の透明感が美しいです。

ぜひsafariでどうぞ。青の綺麗さが違います。

旅先の写真⑨ 弓池を照らす



週末ですね。あとちょっとだけ写真が残ってます。。。

旅先の写真⑧ 夕暮れ そして日没



雲がピンクに染まり、そして



夜が訪れる。



デジより色が綺麗でしょ?フィルムを使ってみませんか?

旅先の写真⑦ 湯釜


やたら鮮やか。。。

旅先の写真⑥ 山と雲









いい色でますわ~

旅先の写真⑤ Ektachrome100で撮る


ここからは廃版になってしまったEktachrome100を使った写真です。
ぶったまげの色の綺麗さを見られました。デジ(D300しか知りませんが、、、)が足元にも及ばないのをまざまざと見せ付けられます。
ぜひsafariを使ってデータ的に正しい色でご覧いただきたいところです。(IEやFireFoxは色がくすみます。)

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。