Home > Ektachrome100PLUS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

奥日光の夜明け



泉門池での写真の取り込みなおし。
Ektachromeは100も100Plusも200もベースの色があるので
この分ハイライトを調整してやらないととても眠い感じなる。
そのため、ぱっと見で印象が悪いのだけれども、
特性を理解してスキャンしてやるとよい感じになる。
取り込みやすさならクリアベースのポジがお勧め。

それにしても、なんとなく中途半端な季節だ。
撮りたいと思う写真のイメージがわかないので
足もあまり伸びない。
小田代ヶ原は地面が出ているようだし。。。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりにクリックをお願いいたします。
スポンサーサイト

青空



Distagon T* 2.8/25 shows deep colors.
(This was lighten a little.)

雪に立つ笹



Today, I try to write in English.
To Improve English skill.
But NO PURPOSE. JUST I DO IT.

Can I go on doing?

EPP shows us beatiful white color.

裏道



こんなアングルに惹かれる。

歩く



人通りのないところを歩くのもいいもんだ。
いや、どちらかというとそっちの方が好きだ。

正月を歩く





ちょっと季節が外れちゃいました。
フィルムならではだけど。。。

それにしても発色が渋い。好きだけど。

陽明門



陽明門の中心と北極星との間に、
家康公のお墓があるらしい。
また、延長上に東京があるらしい。

朝日に染まる輪王寺



時間を戻して。。。

Continue reading

染まる朝


日の出前の青と焼けたピンクがまざってできた紫色が綺麗です。


先日と同じカット、同じ露出。日の出前のほうが色の出が好きかな。

日の出前の青色を好みの色で写すにはフィルムのほうがいいみたいです。
冬に日の出前の青をとりたいんですよね。↓こんな感じで。(コレはPlanarのカタログ写真です。)

Continue reading

小田代ヶ原 青とピンクに染める


もう、言葉はないです。
美しい景色でしたし、それを写し取れたこのフィルムにも感謝です。デジではでないこの柔からかさもそうですが、冷たくなりすぎず、かつ綺麗な青が出ているのが堪らないです。

このあと、もうちっと焼けて、全面オレンジに焼けていきました。

静かに朝焼けを待つ貴婦人


日の出前の青の世界に、ほんのわずかではあるけれども焼けの気配を感じさせる色が混ざってきた。


ここ数日アクセスとランキングへのポチが多いです。
ランキングは参加して2週間くらい?ですが20位以内まであがっていました。どうもありがとうございます。
よく撮れたなぁという写真は人にも見てもらって同じように綺麗だなぁと思ってもらえたらと思いますので、人の目に触れる機会を頂いている事に感謝しています。
いつもいい写真が撮れる訳ではないですが、いい写真が撮れたら気分のおすそ分けしますね。

明日は焼けの写真を載せまーす。

焼け後の貴婦人


靄のせいでコントラストが低いながらも、その中に見える木・林のシルエットや山の重なり、手前のアザミの広がりと、朝露でところどころが白く見える様、そんな薄い中にある色々が綺麗に見えます。
こういう描写に深みがあるところでフィルムに惹かれます。

ちなみに、これとほぼ同時刻。

まぁ、あまり世間受けしない写真でしょうが、その場にいってその景色を見ると、それはそれで結構綺麗なんですよ。
早朝しか見られない美しい景色のために早起きなんていかがでしょう?

柔らかき色

焼けた日に持っていったEktachrome100PLUSの現像があがってきました。これまた非常に美しい色で参ってしまいます。
白が綺麗だという特徴なので、まず白樺を。。。


ホザキシモツケです。ちょっと被写界深度が浅かったですね。。。淡いピンクが綺麗です。


色がさわやかで好きです。
フジよりkodakのフィルムのほうが好きかも。E200やこのフィルムの色、とても好きです。

焼けの写真は本当に綺麗でした。あんなの見てしまうとやっぱりフィルムだ~と思います。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。