Home > Elitechrome200

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -



今日も雪が降った。
けれど、都合により写真を撮りに行けず。

こんな季節は本当にもう終わりかな。
ま、まだ3月があるし、寒くなる日もあろう。。。


 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。
スポンサーサイト

逆光とゴースト



このレンズ、あまりゴーストとかフレアーはでないのだけど
でるとこういうきれいな虹色のが出る。
18-70あたりだときったないゴーストがでるのだけど、
(太陽を入れることが多いので、18-70はそれで使わなくなった。)
こういうのもレンズによって違うようだ。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。

湖畔の夜明け時



カラーの写真も撮るけれど、なんだかんだで
モノトーンに近い写真が自分は好みのようだ。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。



F3の露出計って、ちょっとアンダー傾向な気がする。
精度はあっているはずなので、自分の感覚との違いだけど。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。

月の湖畔



実際にはこんなに明るく見えない。
当たり前だけど。。。

ファインダーを覗いて、枠との差が明瞭にわからない中で
構図を決め、月の具合で空の色と全体的な明るさをを想像し
あとは運に任せてシャッターを切るのみ。
まさしく、人事を尽くして天命を待つ、だ。

なんて事はなく、実際のところそんな気負いも無くて、
今日の明るさだとこんな感じかなぁ、フフフーンと
露光を決めるだけなんだけど。デジもあるしね。
ま、構図がよくわからないのはホントなんだけどね。

 ←しばらく参加します。良いと思ったら感想代わりに(?)クリックをお願いいたします。

晴天と岩



このフィルム、日中にはもう使わないと思う。
ベースの色のせいで抜けの悪い感じになる。
(これらはその分補正しています。)

本宮の後ろ



北側と南側、雪のつき方が違うのだ。

逆光



露出間違えた。
正しくは、入射光式の露出計の使い方を間違えた、だ。

1/250 f11には疑問だったんだよねぇ。。。
ネガの箱みれば雪は1/250 f22だし、こっちだね。

湖面凍結



鴨が泳げるエリアも限定される。。。

弱い光



被写体の反射率に惑わされない入射光の露出計は便利だ。

Continue reading

泉門池



風景は気象次第だなと再認識。

ペチュニア


ちょっと遊んでみました~ 弄ってもよい色でるなぁと感心。

朝が来る


青に包まれた柔らかいピンクが綺麗だ。

色とりどりの星達


こんなにも星が色鮮やかだなんて、フィルムを使うまでわからなかった。

日の出前のオリオン


山際から姿を現してきたオリオン。しかし、朝はすぐそこまで来ている。
気高く姿を現せる冬の季節にはまだ遠い。

オリオン座の星の色、こんなにもカラフルだとは知らなかった。
ベルトの下の方のひときわ赤いのはオリオン大星雲でよいのですよね?
左の大きい赤っぽいのがベテルギウス、右の青白いのがリゲルだそうだ。

古の日本では、源平合戦のそれぞれの陣営の旗に見立てて、「三つ星」をはさんで、白く輝くリゲルを「源氏星」、赤く輝くベテルギウスを「平家星」とよんでいる地方もあったみたい。
なるほどねぇ、それぞれの旗色は赤と白だったもんね。

山をほのかに染めて


星撮りにもっていったElitechrome200の現像があがってきました。

ひゃっほ~い すごーーーく綺麗です。
ちょっと驚いたのが星の色。デジだと星の色はあまりわからず明るい線に近いのですが、ポジで見るとそれそれは鮮やかで色とりどりな事が見て取れます。

ちなみに、これは8/10のこの時とほぼ同時刻の写真。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。