Home > Olympus_35SP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

monochrome#72 牛



Y2フィルタの効果はあったのだろうか。。。
スクエアなのは、フィルムを切るときの失敗。
スポンサーサイト

monochrome#25 葉


monochrome#17, 猫 #180 視線



たぶん開放。絞ってf2くらい。
後ボケにクセあり?

現像していないフィルムが2本、
これから一本やろうかな。

monochrome#13 鳥



スキャンしてオッと思った一枚。
35SPにY2(黄色)フィルターをつけて。
58mmのY2も買ってみた。

母親が黄色いフィルタを見て、いや~懐かしいと
言った事に時間の流れを感じる。

じぃさんが使っていたらしいローライコード
欲しかったな。

monochrome#12 空


力強さを。。。



カラーの風景写真は綺麗だけれども、どうも物足りない。

綺麗さでなく、力強さがある写真を撮りたい。
とはいっても一枚の写真において力強さというものを表現したいのではなく、
結果として内面から生まれくる力強さが欲しいのだ。

石灯籠

img594-2l

ちょっと風化した石のザラツキがリアル。
トライエックスの描写とあいまっていい感じだと思う。
デジにはない重厚さかもしれない。
自分の腕ないからかもしれないけどネorz

木を這う蔦

img591-3l

開放に近いとぐるぐるした感じ。
二線ボケもちょっとある。
けれど、それらの事も含めて雰囲気なんだと思う。

腰をすえて風景を撮るのではなくて、
日々の中に面白い被写体を発見するのが楽しいカメラかもしれない。

G.Zuikoを開放付近で。。。



G.Zuiko 42mm F1.7のこのカメラ、開放近くで使うと面白いようだ。
2本目の手すりの立体感がいい感じ。

神社の屋根



撮ったままスキャンしたまま。
うまくいくととても綺麗だわ。

東京の街角



この雰囲気はデジじゃぁ出ない。フィルムはカラーだけれども、CaptureNXでモノクロにして微調整した。
モノクロフィルムとはまた違う描写でもある。
違いはというと、カラーネガからモノクロにするとちょっとネットリした感じになる気がする。カリッとした硬い感じはモノクロフィルムでしか出ないのかな。

噴煙と雲





どこかしらデジとは違うフィルムの写り。なにが違うんでしょうね。

尚仁沢Ⅰ -Olympus35SPはスゴイ-


もちっと左に振ればよかったかな。40年前のカメラに200円のカラーフィルムでもこれだけ写ります。十分かも。当然、補正必須。ただし、補正するので安いネガで十分。
フィルムの色再現とか発色にこだわる必要はないですね。こだわるとすれば、階調の広さと粒状性でしょう。デジタル現像ですから。

シャッターは10秒くらい。このレンジファインダー、機構がメカニカルの上、バルブ撮影が出来ちゃう優れものです。そのうち星景写真にも持ち出してみます。開放f値1.7だし ウシシシシ
やわなカメラじゃ太刀打ちできないのだ。

おそるべし、Olympus 35SP!


色がトイカメラっぽくなった気もする。。。このフィルム、少し赤に寄る気がする。ネガなので補正必須だからあまり問題がないといえばないんだけど。

ネガで色補正する上で一番簡単なのがニュートラルグレーのポイントを探すこと。CaptureNXにはニュートラルポイントというのがあるので、これを灰色のものを探して選んでやれば色かぶりがなくなる。
電柱とか、コンクリートとか、アスファルトとか。こういう写真だと、アンテナのポールとかね。
グレーがない時はカラーバランスでスライダーを動かしてやってもいい。赤っぽければ赤を引くとか。デジなのでイロイロ試してみるといいのだ。
ネガは補正が前提なので、ネガスキャンして補正できるソフトを持っていることが必要になる。けれど、現像525円だけだし、いいんじゃない?写真屋でプリントしたって、それはネガをスキャンしてデジタルデータにして補正して紙に焼いているだけなので、自宅で補正したデータを持ち込んで焼いても同じ事。スキャンの平面性はお店の方がいいだろうけどね。

慣れてくればやってもらうよりも簡単に自分の意図を反映したプリントが得られる。写真屋の補正は何も言わなければアンダーとかオーバーに撮った意図は汲んでくれず、基本的にはカメラ的適正露出や人間の肌がきれいになる色を基準とした補正になる。
先日の京都の写真のデータCDなんていい例デシタ。意図があった写真だと、ヌッコロスと言う感じになります。

ソフトが発展・普及した今こそネガの本領が発揮されるんじゃないかな。
フォトショップなんぞ買わなくても、GIMPなどのフリーソフトでもジューーーーブン使えますよ。

見下ろすビル群


新宿ショールームのある新宿エルタワー28階から。中間色を少し落としてます。
ほんと、OLYMPUS 35SPによる写真はほとんど撃沈。これともう一枚がましだったねぇorz
写真を撮る際になんらかの意思がある場合は一眼レフの方がいいようだ。旅の記録なら十分答えてくれるカメラだけどね。
それに、周辺部をみてもしっかりと写っているしビルが歪んでいたりもないし、レンズとしては結構優秀な模様。ちゅうか、ディストーション全くワカラン。オソロスオソロス クワシクチェックシテネーケド

ここに行った訳は、ニコンサロンbisのニコン・ヤマケイ写真塾の参加者によるコンテスト形式の入賞作品展を見るためでした。一応、風景やら山やら私も撮りますからね。最近ご無沙汰ですが。

塾生も私も素人には違いないのだけれども、写真歴1年の私の感想としては、全然オモロナイ。これで入選作品と言っているが、どういうレベルなんだろう。塾生の中からの選抜だから、分母を考慮する必要は多分にあるが。。。
撮った人をくさす気はまったくないのだけど、じぇんじぇん物足りなくてがっかりしたわけです。

撮りたいという気持ちと、それに裏打ちされた足での稼ぎと研究が必要なんじゃないか、と。目と足鍛えるのが先だという感想です。年取ったらなかなか鍛えられないけどさ、三浦敬三さんと雄一郎さんでも見習おうぜ。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。