Home > Velvia50

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ペチュニア



この色を見て、Velvia50が受ける理由がわかる気がした。
コクのあるピンクとあっさりとした茎の緑がきれいだ。
デジだとどうしても緑色が綺麗に出ないんだよねぇ。。

まぁ、朝靄とかを撮るには赤すぎる特徴があるので
それは何とかしたいと思っている。
それとも使い方がわるいのかな。

でも、コダックのE100Gを10本格安で纏め買いしちゃったので
しばらくはソレで行くつもり。
だって、1本あたり320円だったんだもの。。。
楽しむ上で、コストパフォーマンスは重要だ。

スポンサーサイト

男体山と中禅寺湖



半月山の展望台から最後の一枚。
基本的には、ブランケット撮影はしない。
露出がおかしいかなと思ったり心配だったりすれば
撮り直す事はあるけどね。。。
だから12枚しか撮れなくても足りちゃったりする。
小田代ヶ原に行く季節になったら2本使っちゃうかもしれないけど。
ま、旅行にでも行かない限り1日1本が基本。

作品を作り上げるためにシャッターを押しているわけではなくて、
その場その場の良いなぁと思った印象を撮りたいだけなので
ダメだったら縁がなかったということで。

とはいえ、個展には興味がないけど、プリントで人に見せられる程度の
腕にはなりたいなぁと思いもする。
一貫性とか色々考えるとまだまだヒヨっこです。


厳しい土地



ひょろりとした木が戦場ヶ原の厳しさを物語る。

そいえばブローニー用の現像タンクとリールを買った。
お店のデータベース修正がなされていなかったため
価格改定前の値段で買えたけど、あんまり気持ちよくはない。

さてさて、今入れているフィルムが使い終わったら
とりあえずPRESTOを入れてモノクロフィルムだけの
時代だった頃のレンズを楽しんでみるつもりだ。

竜頭の滝



今まで竜頭の滝ってあまり撮ってこなかったけれど、
こうやって撮る分には面白いかも。

Velvia50もやっぱりちょっと赤くて、朝霧ではそれがあまり好きじゃない。
PROVIA系の方が好きみたいだ。

この後は赤沼から戦場ヶ原へ。。。

そういえば昨日2個目の拍手を押してくださった方が
1000個目でした。ありがとうございます。

雲海


@4:30 ソフトでLBB処理。(写真差し替えました。)

約50年前のカメラですが、上等だと思います。
手前の黒い部分は森ですが、拡大してみると
木々がしっかり写ってます。

比較できるほどレンズを持っていないですし、
違いをどう表現するかわかりませんが
不満のない写りをしてくれるので満足です。

慣れた日光にて使ってみた感想としては、
ビタリとくる画角とフォーマットですわ。
今までファインダーの中で左右を邪魔に思うことが
実は多々ありまして、それがないのが気持ちよい。
画角としても違和感なく、ひかれたものに
カメラを向けると構図に収まっていて気持ちがよい。

しばらく?このカメラで風景を楽しみます。

Home

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。