Home > 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

f5.6



帰ってきました~。HS-7をつけて左を下にして特定方向にフォーカスするとちょっとひっかるような音が発生し、それが気になっていたのでWebサポートで質問してみました。そしたら点検するから送ってくれという事になり、レンズがないならついでにローパスもクリーニングしてもらおうと出してました。
ちょっとゴミの映り込みっぽいものものあったのでついでに。。。

HS-7は推奨のフードではないのは承知しておりましたが、サービス部の人曰く、このフードはもっとごついレンズ用(引き合いにNoct58mmを出すのはどうかと思われw)なので50mmF1.4Dや35mmF2Dにはちょっと重いかもしれず、音がする可能性はあるかもしれない、とのことでした。まぁ、推奨はあっても、装着可能で禁止や注意書きがないので対応可能と取られても仕方ない気もします。

で、途中一時手違いがあり、部品交換で¥**,***-という金額が請求されました。連絡の結果、保証期間内という事や手違いということで無償となりましたが、Web見積0円だったのに点検の結果でいきなり見積を送られたので驚きました。ただ、サポートの方は非常に感じがよく、話をきちんと聞いてくれました。カメラを長く使おうと思ったらサポートは重要だと思っているので、今回の事はいい安心感を得る結果となりました。

ローパス見ると新品のようです。いや、途中一時期部品代で¥15,000-程度が計上されていたので、もしかしたら本当に新品かもしれませんが。。。
CMOSはCCDと比較するとコストが低く生産できるらしいので、もしかしたらCMOS交換になってもCCDの時代よりも安いかもしれないですね。ちなみに、工賃は¥17,000-位の数字が見えました。

きれいになって帰ってきて気持ちスッキリデス。今週末は何を撮りに行こう~

---

なぜかこういう写真を撮ってしまいます。部屋の蛍光灯下、布切れ1枚でも結構楽しめます。さすがにフラッシュ買う余裕は今のとこありません~
スポンサーサイト

別れは寂しい



友人が遠くへ引っ越すこととなりました。付き合いはそんなには長くないのですが、とても波長の会う居心地のよい子だけにとても残念です。
子など言っていますが、結婚していて妊娠中です。。。<残念ながら私が孕ませたわけではありませぬ いい子なだけに更に惜しい。

私が写真とってフラフラしているのはちょこちょこと話していたので、写真を見せることもたまにありまして、リアルで私の撮る風景写真を気に入ってくれてました。

ということで?、お別れに際しては私が撮った写真をあげる事になりました。自分の撮った写真を欲しいと言ってもらえるのはとてもうれしいですけど、やっぱり別れと言うものがあると考えると一概にそうも言えず。。。

私は見た目社交的らしいですが、根っこでは間口の狭い人間なので、波長のあう子がいなくなると言うのは。。。
顔で笑ってココロで泣いて、、、
Tags: cat 50mmF1.4D

進め



風景の写真は、特に那須等のメジャーなところになるとキレイに撮れた~と思っても誰かしら似た様な写真を撮っているのを目にします。ま、自分の記録としてならそれで十分ですが「作品」というものを作りたいとなると、人と同じようなアングルで人と同じようにキレイと感じたじゃぁ足りないわけですね。そこで、どう自分だけの表現をするか。

ネットをウロウロしていて、プロの写真なんかも見ますが、そこがキモですよね。キレイなだけなら誰でも撮れる。さて、そこからアト一歩欲しい。
ま、ワシは今はキレイに撮れるのが楽しいのでそれでよいのです。自分的な100%の満足を求めて彷徨い歩きます。
ちなみに、人と同じで満足できるのは一回だけですな。オレも撮れた~って。すぐにその上を狙いに行ってしまいます。自己満足で終われない損な性格です。
Tags: snap EXILIM

吹き荒ぶ雪



D300が手元に無いとなんだかつまらないです。中毒でしょうかw

近所のキャンプ道具屋でスノーシューを安く手に入れられたので念願かなって雪山へ。登山している人を多く見ましたが、なんでワカン持っているのに、ツボ足でズブズブはまりながら苦労して登るんでしょうか?登山する人にはにはそういうルールがあるんですかね?オマケにバフバフの雪にアイゼンとか。アイゼンって岩場とか氷とかのグリップの悪いところで使うものでないんですかね?登山家の皆さんの道具の使い方が不思議で仕方ないです。登山のHOW to本にそう書いてあるんですかね?取り外しがメンドクサイ?
道具の特質を踏まえて、状況にあった道具を使えてこその登山家だと思っているのですが、どうなんでしょう?ま、私は登山家の道具の使い方について知らないので独断偏見ですのでアシカラズ。

カメラは、仕方ないので400万画素のEXILIM持っていきました。ひっじょーに使いにくいです。。。けれど、コンデジはいつもパンフォーカスなんで山の写真ならいいっかと。。。

茶臼岳は相変わらず風が強いです。今日の目標は写真に見えている峰の茶屋。夏なら小一時間でいける道程です。
避難小屋に入った時に暖かいなと思い、温度計を見てみたら10度をさしていました。が、+10度かと思ったのですが、よく見れば-10度でしたw
外は何度???

って、D300はこの気温に耐えてくれるのでしょうかね?
Tags: 那須 EXILIM

雪山下山



強風と雪のせいでバックの茶臼岳が見えません。。。 
岩が見えているのは、常時風が吹いていて雪がつかないからです。
Tags: 那須 EXILIM

峰の茶屋を望む



ノイズは乗せてません。全部雪です。このサイズのレンズでも周辺減光があるんですねぇ。
Tags: 那須 EXILIM

SUN & SNOW



これも先日の写真。元絵はもっと眠いのですが、ちょっと手を加えると出てくるこの色。スゲーっす。

D300でのJPEGデータは手を加えてもカナリ粘りますね。ナカナカ破綻しないように思います。

Continue reading

BLUE & WHITE



初冬の那須



カメラが手元にないので、過去に撮った写真に色々と手を加えてみてます。結構発見があって面白いです。写真は撮っておしまいではなくて現像まで、ですね。

SIGMAの30mmはNikkor35mmF2Dに乗り換えるためにドナドナしたレンズですが、私の中のこのレンズの色ってこういうイメージでした。あっさりちょっと他人風味。色が薄い。以前にも同じことかいてるジャンとつっこむ向きもあるかと思いますが、改めてみてみても印象が同じだったという事で。。。

これでもちょちょっとは手をかけてますが、ベースとなる写真の味はやっぱり変えられないんでしょうね。

フィルムカメラ



これは980円のカメラ。手作りキットのピンホールカメラです。マックで小一時間かけて作るのを見てました。

今手元にカメラがないんですが、実は最近フィルムのカメラが欲しいのです。なんといいましょうか、デジタルって写真を撮れるまでのプロセスが非常に短いと感じているのですよね。
先日、写真はテケテケ歩いていっての過程を経て撮るもの的な間隔があると言いましたが、車でフラッとでかけてデジカメでバシャバシャと撮ってみても、いい写真って全然撮れてないのです。枚数がいくらでも撮れるがゆえにこれもあれもと欲張って、考えているつもりがそれは意識の上での表層的な考えでしかなくて、本当に五感と脳ミソを使ってないような感じがするのです。
別に、この季節に夜中の3時からテケテケと歩き出して写真を撮りに行くことをどうこう言うのではなくて、歩いてどこかにいく途中において、肌で自然を感じていき、感覚が研がれて行くのではないかと思って、その五感の研がれ方の差が必要なのじゃないかと。

じゃぁ、フィルムで違うのかと言われれば使ったことがないので明確な答えがあるわけではないのですが、少なくとも、12~36枚程度の有限の枚数を意識して撮るという点において、被写体に対したときの妥協が少ない気がするのですよね。

ま、すべて気分の問題です。FM-10でもほしいかなぁ。本当はF2とか、newFM2とかFM3Aあたりが欲しいのですが、中古価格で見てもビミョーですし、そもそもカメラに金かけすぎてますし。。。

写真



これはD40xを手にして2週間くらいのときに撮影した写真です。旧blogは6月からの写真しか載せていませんが、実はカメラを買ったのは2007/4/21です。ま、旧blogの6月の写真も、今撮れと言われれば撮れない気もします。。。あの紫陽花のみずみずしさを今撮れるだろうか、と考えると無理な気がしています。
なんだろう、被写体に対して当時の方が素直だったような印象を写真から受けます。特に最初の技術云々を考える前の頃と、その以後が違う気がするんですよねぇ。

この写真は結構気に入っていますが、最近では自分的に素直で狙っていない画が撮れてません。。。
ちなみに、載せるに当たって少し暗部をしめて彩度を落としました。レンズはキットの18-55mmでした。何よりも画がきれいに撮れるのが新鮮で新鮮で、何かいいもの撮れないかとウロウロとして、この配列がキレイに見える角度を考えてなんとか構図を決めた思い出があります。キレイに撮れるのが楽しくて仕方ないって状態ですね。(っても1年もたってないですが。。。)

で、いつもとちがうのはフォーマット四つ切の縦横比でだしてみました。なんとなく、四角に近いです。D300で撮れる画は3:2の比率ですが、結構一方に長いんですよね。
最初のころは、なんでフィルムの縦横比が3:2なのに、色々あるのと思っていましたが、中判、大判まで考えると色々なフォーマットがあるんだなぁ、と。けれど、135フォーマットでのファインダーはやはり3:2なので、出力する紙サイズを考えてから構図を考えないと駄目なんだろうな、と思います。

この写真をみたら、今までの写真の中でも3:2より5:4の方が落ち着きそうな画が結構あることに気づきました。おそらく、写真を撮るときにどういう範囲で画を見ていたか、が違うのだと思います。人間の視野からの意識範囲ってもしかしたら円なり正方形なりに近いんでしょうかね~?
Tags: 戯言

「雪舞う Ⅱ」



先日の写真がどうも光の強調が足りない気がしたので思い切った方向で仕上げてみました。

雪が風に吹かれて画面いっぱいに強く舞っている感じ、太陽の光がギラギラな感じ、そういったものを出したくて何枚も現像してみました。JPEGからの現像ですので色の破綻もあるかもしれませんが、雰囲気が出せたのじゃぁないかと。

うまく雰囲気は出ているでしょうか。

「眩しき雪山」



テケテケと那須へ。ま、お決まりの暇つぶしコースです。なんだか写真が撮れねぇなぁと最近思ってますが、劇的な?写真を求めすぎなのかもです。
日光に行くのだと人がまだ眠っている頃に行動開始して、星空の下を歩いてというプロセスを経て写真をとるのですが、こういうとこだとぱっと行って撮れてしまうので、なんか物足りないというかなんと言うか。。。bulb中毒かな?(笑
ま、正直なとこ言うと、自分の写真をみて、だからナニ?と思ってしまうわけですな。要は程度の低い自己満足写真ってところでしょうか。

つきつめると?難しいものです。
Tags:

飛行機雲



雪舞い上がる



滑るオレ



滑っている時のオレ。このときは、私とか、僕じゃなくて、オレ だな。

今年はなんか乗らなくて初すべりがこんな時期まで遅くなりました。なんだろうねぇ。

とりあえず、スキーヤーとして一応20年ちょいの素人歴があるので、それなりに撮りたいと思う画もあるわけです。で、いかにして雰囲気を出そうかと考えると、なかなか難しいです。
正直、滑りながらファインダー覗けるワケないですし(ちょっとならいけますがね)、焦点距離と絞りとシャッタースピードと、滑るスピードと太陽光の向き・強さ、などを勘案して連射かまして色々と実験。こんなとき秒間6コマと防滴ボディが大活躍です。

タダ一つorzなのが、ゴミがついていたこと。帰ってから気づきました。全く・・・

それと今日の写真を見て改めて思い返したが、広角におけるレンズの俯仰角。ま、アングルって事なんですけど、変な高さを感じたりとか、色々で。
ファインダー覗いて撮っていたわけじゃぁないので、そういうのを強く感じる写真が散見されたというお話。24mm位だと違和感ないのですが、18mm位になってくるとちょっと気をつけないといけない気がします。
Tags: Ski AF-S_18-70mm

青い空



WBをちょいと弄って。

夕刻



「雪舞う」



飛べ



ここはあんまりうまいボーダーいないんですよねぇ

クロス



フリーライド系じゃなかったけれど、さらっとカマシテこの人ウマイわ

「攻める」



ズシャーっ

Continue reading

Tags: Ski AF-S_18-70mm

疾走



ひゅ~ん っと。
Tags: Ski AF-S_18-70mm

相棒



雪に隠れてますが、このオジサンとの付き合いは3年目かな。K2のパブエネです。
Tags: Ski AF-S_18-70mm

リフト



今年初すべりです~ 激遅
Tags: Ski AF-S_18-70mm



ISO2000ですけど、気にならないですね~

外で写真が撮りたいのですが、どうもうまくマワラナイ 今週末はどこか写真を撮りに行ってみようかな。って、やっぱり日光かな~
Tags: cat 50mmF1.4D

スタイル



blogを徘徊しているとよいな~と思う写真によく出会います。これはリンク先のjackさんのところから頂戴して私好みに手を加えたものです。光の差し方とか広角に使い方が好みでした。で、好みのほうへ持っていこうとしたら一部データが破綻しちゃいました。。。
モニターは自分基準なので、見え方は人それぞれでしょう。

だいたい同じ頃にD40xを手にしたつながりなのですが、構図がうまいな~とよく思わされます。そして、jackさんはjackさんらしい写真を撮ります。
ところが私は何でも屋なのでスタイルがないんですよねぇ。風景、猫、レースの流し撮り、スナップ…。ま、風景と猫が大半ですが、自分はこれというスタイルは決めていないです。惹かれるものを何でも撮るのがスタイルといえばスタイル。

それにしても最近写真が撮れてないっす。何か撮りたいんだけど、ナニモナイ
Tags:

お昼寝



レンズを見る際にはダイタイ焦点距離と絞りの値が一つの基準になるかな。状況によっては最短撮影距離なんかも(あんまり関係ないと思っていたけれど、SIGMAの30mmを使っていたときは結構コレで撮れない事があった。35mmF2Dは大丈夫だけど。)。

けれど、SIGMAの30mmF1.4からNikkor35mmF2Dに変えた理由は写真から受ける雰囲気で、その雰囲気というのは色だったので、数字では見えない官能評価部分があるのだと思う。
まぁ、コーティングというものを考えてみると、1.レンズの保護、2.光の反射低減、3.色味というのがあるのだし、色味という部分を考えると各社同じメーカーの蒸着装置を使っていても蒸着物質の配合は各社ごと違うわけで(聞いた話だけど)、やっぱり好みってのはあるんだよね。ま、OEM生産もあるし、ブランドと色味が異なるレンズがある可能性はあるのかな。

焦点距離と絞りだけで見ればズームレンズだってF2.8までは同じ数字が出てくるワケだけれども、実際には色やコントラストや透明感、解像度、色収差、歪曲など色々あるし、そういう諸々が総合した印象の方が写真を見る上でのウエイトは大きい。そんなわけで、どのレンズにしようかと考えるのは数字だけでは難しいナ。絞りと焦点距離での選択は第一段階でしかないね。

で、どうやって決めるかというと、ネットでうろついたりカタログ見てニヤニヤして物欲の湧いたものを買うしかないのだろう。たとえそれがバイアスのかかった評価だとしても、満足度という使用上の官能評価部分はおろそかにできないし。

(家族の記録等の用途なら、色などよりも「よい表情・その瞬間」の方が大切だと思うので、ズーム方が目的に合致させ”易い”と思っており、否定するものではないのですけど、今のオレにゃぁ関係ない)

(レンズネタが続いてますが?、結婚式に出る予定があって、そこで使うものを考えてのブツブツなんです。)

85mmF1.4Dほしいにゃぁ~
(って、カメラ買ったばかりでキツインデスケド ヤッパリ1.8Dのほうだにゃ)

びっくり!?



レンズってなんなんだにゃ?絞りの話なんだけど、ちょっと訳ありで明るいズームレンズを買うか考えていたのだにゃん。が、F2.8ごときの開放値じゃシャッタースピードという観点からはあんまり魅力がないんだにゃん。
ISO感度1600か2200くらいで使えばなんとか使えちゃうからね。キットの70mmでF4.5、F2.8とは1段ちょいしかかわらん。暗いとこだと1/10か1/20かというレベルでしか変わらないから魅力がないんだにゃん。1/10と1/40なら考えるんだけどにゃ~

F2.8なんて大して明るくないズームレンズはやっぱり駄目かにゃ~ TAMRONのA09とか一瞬考えたんだけど、35mmF2Dと50mmF1.4Dがあるのでそれなりに撮れちゃうんだよにゃ~
あとは85mmがあればいいんだけど、F1.4はさすがに高いにゃ~ F1.8Dが現実的だにゃ~
レンズによって色のりちう問題もあるけど、これはデジカメなので彩度をいじってやればどうにでもなるしにゃ~ 解像度と収差がきちっとして れば、色に関しては現像テク次第だと感じているんだにゃん

絞りはボケという問題もあるけど、そういう観点から見るとやっぱり単焦点だにゃ。ただ、焦点距離が長くなればF5.6あたりでもそれなりにぼけるし、それで開放値がF2.8とかになると背景は色でしかないんじゃにゃいの?
風景だと被写界深度は深い方がいいから絞りの値は問題視しないし。と考えると標準域での開放絞り値が重要になるんだよにゃ~

ちう事で、当分買う必要ないかにゃ
という結論におちつきそうだにゃ

誰かワシにNikkor 85mm F1.4Dプレゼントしてくれにゃいか~
Tags: cat 35mmF2D

Sugar



背景が微妙にアンバランスだけれども、スナップだからまぁいいかな、と。

たまにはアマアマで飲みたいときもある。
Tags: snap 50mmF1.4D

Home > 2008年01月

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。