Home > 2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

夕方の日差し


スポンサーサイト










以前のネガデータを見直しています。
カラーネガの補正は色の補正という点で若干難しいと感じているのですが、やはりいい色が出てくるので使う価値というのは十分高いと思います。特に太陽を直接写すシーンやコントラストのきついシーンに強いというのは、すなわちそれだけ情報を残しておけるということで、いい色がでてくる可能性が高いということだと思います。

ネガを使うとよくわかるのですが、色温度が環境によって非常に変わっていることが見て取れます。











以前のネガでの写真に補正をかけてみました。
木漏れ日の明るい様がとても印象的だったので似たものをバシバシとっていたのですが、スキャンしたら眠くて印象と異なり放っておいたのです。が、手を加えてみればアラびっくり。
暗部を落としただけの色の補正はナシです。
なかなかよい感じです。




このレンズによる立体感がとても好きです。

Planarを手放してNikkorの方の50mmだけにしようかな、とも思うのだけど、背景のすっきり感がNikkorだとでないんだよね。なので、若干悩む。かといって、Nikkorを手放すのもないし。
結局2本を持ち続けるかな。

中禅寺湖


ネガの素データは結構ローコントラストなので、思い切って派手に弄ったほうがいい色が出てくるようだ。くすんだ色から鮮やかな緑やらが出てくる。

こういう光、白トビに非常に強いネガじゃないと撮れないんだよね。だからネガも使うのだ。
それにしてもCOOLSCANは綺麗に取り込めるみたいですね。chippyyhさんの写真の色が綺麗に出ていて、いいなぁとちょっと思ったり。
今は入手できませんし、そもそも私が使っているものの倍からなので手が出ませんが。。。

猫 安心する





best of 猫撮りレンズ かな~
マニュアルフォーカスの上、焦点距離が長いけど当然VRナシ、セオリーで行けば1/(135×1.5)が手ブレしないで撮れるシャッタースピードといわれますが、夜ですので稼げないので(ISOをあげるとあれますし。。。どちらも開放で、上がISO1000で1/100、下にいたってはISO2000で1/40です。)、使いにくいと思う人もあるかもしれませんが、私は気にいってます。
Tags: cat 135mmF2.8S

猫 見る




Tags: cat 135mmF2.8S




Tags: cat 135mmF2.8S

そういえば猫写真がたまっている。。。

にらむ猫

眼くれてます。

毛まみれ猫

抜け毛が次から次へと・・・

AdobeRGBで撮っていますが、見る人皆がsafariでもないので、カラープロファイルを変更してアップすることにしました~ この機能をわすれていただけね。。。
AdobeRGBを使う理由は、緑領域のデータを豊富に残しておきたいからなんです。。。
プリンタはAdobeRGBに対応してますしね。

夏の日差しで


この日は日差しが強く、トライエックスのハードな感じが似合うなぁと思っていろいろと撮りました。白がきちんと写っているというのは気分がいいです。

蝶が花に止まっていたので、飛んでいるところを撮ろうと思ったのですが、みんなピンボケでした。マニュアルフォーカスではちと厳しかったです。

Ai Nikkor 135mmF2.8Sは開放でもAiAF Nikkor 50mmF1.4Dのようなふわふわ感がなく、シャキッと写るいいレンズです。デジで使っても色収差もないですしね(D300だからかもですが。。。)

足跡を見ていて気づいたのですが、「われら銀塩組」というblogとお題が被っていますね(笑

私はデジもフィルムもどちらも肯定派です~
フィルムでとってデジタル現像が一番好きかな。リバーサルなんて、スキャンするとちょっと眠くなってしまったりもありますし。ライトボックスで見たときの様にパリッとするにはある程度整えてやらんと。。。
ま、デジタルでの色の出方が今ひとつというところと、枚数という制限を楽しむところがフィルムを使う理由ですけどね。
でも実は36枚でも風景を撮りに行くとあまります。デジより数倍考えるので、枚数が減ります。
撮って考えるか、考えてから撮るか、なんて。もちろんデジでもその一瞬はその時しかないので考えてますけどね。撮りながら修正するか、一発勝負かの違いかな。保険?
カラーに関してはリバーサル並みに写ればデジでもオッケーかなぁ
モノクロに関してはトライエックスとかのガリッとした粒状感が好きなので、やっぱりフィルムかな~

ただ、フィルムを使うときの一枚のショットの時間のかけ方はとても好きです。

木々


ふと目をやるとすごい状態。違和感感じませんか?


葉っぱの間から漏れる光の感じに瑞々しさを感じました。

今日はデジのみ。D300は、ボケと明るさと望遠を求めない限りは18-70mmオンリーで足りそうです。

川の流れ





天気がいまいちな状態が続いているので尚仁沢へ。前も行きましたし、撮れる場所も限られるので、同じような構図の写真になりがちという事は予想がついたので、意識して変えてみました。
特に、hige-meganeさんの影響で縦構図を意識してみましたが、どでしょ。。。


毎日夕方は雨、そんな印象です。

TB企画 「カメラ写真展」



日光の写真からちょこちょことお邪魔しているbabathegiantさんのblogが10万hitということで、企画を発案されておりましたので景気づけに?のってみました。
ブツ撮りの自分的王道路線です。
また、自分が写真を撮るときには、光と影を意識することも結構多いですし、そもそもカメラは光を扱って画にするとういうところからライティングもちょっと凝ってみたつもりです。

最初は古いエントリから行こうと思ったのですが、それもオモロナイと思い、↓のようなのを撮ったのですが、いまひとつだなぁと思い撮り直しました。

これ、一応私の風景セットです。35mm、50mm、135mm。広角は28mm位を使う人が多いのかな。
50mmもニッコールで揃うのですが、Planarの方を使っているのでこの組み合わせです。
知らん間にレンズが増えた~

夏の日差し


最近は夕方になると天気が悪くなる、の繰り返しですね。
涼しくていいのですが、週末くらいは天気がいいなかで写真が撮りたいと思ったりします。

旅先の写真⑪ 朝の散歩


空吹という硫黄ガスがでている所です。あまりでてませんでしたが。。。
茶臼岳の無限地獄の方がすごいかな。
空吹を見るというよりは、宿の周辺を散歩して景色がよかったから、というところです。


こういう朝の斜光がみせる感じがすきなんですよね。

旅先の写真⑩ 青い空 透ける水


このポジの色の綺麗さにやられました。特に、水の透明感が美しいです。

ぜひsafariでどうぞ。青の綺麗さが違います。

旅先の写真⑨ 弓池を照らす



週末ですね。あとちょっとだけ写真が残ってます。。。

旅先の写真⑧ 夕暮れ そして日没



雲がピンクに染まり、そして



夜が訪れる。



デジより色が綺麗でしょ?フィルムを使ってみませんか?

旅先の写真⑦ 湯釜


やたら鮮やか。。。

旅先の写真⑥ 山と雲









いい色でますわ~

旅先の写真⑤ Ektachrome100で撮る


ここからは廃版になってしまったEktachrome100を使った写真です。
ぶったまげの色の綺麗さを見られました。デジ(D300しか知りませんが、、、)が足元にも及ばないのをまざまざと見せ付けられます。
ぜひsafariを使ってデータ的に正しい色でご覧いただきたいところです。(IEやFireFoxは色がくすみます。)

旅先の写真④ 靄沸く弓池


徐々に靄が沸いてきました。

旅先の写真③ 星空のブルー


夜らしく、月照下らしく。。。

先日たまたま手に入ったEktachrome100の現像があがってきました。スゲーっす。

旅先の写真② 満月の弓池


月がとても近くて、影もくっきりでる様なすごい明るさでした。

旅先の写真①


浅間山です。のペーっとした感じが那須と大違いです。

このあと鬼押出し~湯畑にいって、湯釜へ。

アイスクリームの溶けきったクリームソーダみたいな色。

湯釜の反対側には弓池が。

ワタスゲが咲き乱れていました。カメラマンがたくさん居ましたわ。


弓池?そういえば聞き覚えが、と。これですわ。頭に残っていたんです。
夜に来るしかないでしょ~ けれど、ほぼ満月なんだよなぁ。。。と。月齢はチェックして出かけてます(^^;
で、ホテルへ。弓池まで10分じゃーん ニヤニヤ

とりあえず、ホテル周りの探索へ。。


万座峠から雲かかる笠ヶ岳を望む。キャンピング仕様のバスのおじいちゃんが寛いでいました。


薬師堂のある丘?を見上げる。

晩御飯を食べて、また外へ。

真夜中が楽しみです。お酒は飲みません!

願わくはこの雲が無くなってれてくれることです。


7/13撮影 TREBI100C











リバーサルフィルムをGT-X970でスキャンしています。小田代ヶ原でのリバーサルの写真を載せている人は少ないようですので、blog上での希少種ですかね(笑

---

今まで縮小につかっていたShukusenというフリーソフトですが、色が変わってしまうことを発見。緑がくすんですこし黄色方向へ転びます。orz
今まですべてそういう状態だったのですね。。。

サボテン



明日はお出かけなので予約投稿。Ektachromeを持って行ってみます。

貴婦人

AdobeRGBにしてありますので、ぜひsafariでどうぞ。Internet Explorerですときちんと色が表示されません。。。
違いは緑の色再現域が広いことです。黄色も結構影響でます。<AdobeRGB











7/13に撮影したもの、やっとこ載せ終わりました
が、まだリバーサルで撮ったものが残ってます。。。
D300で撮ったものもそれだけで見れば結構それなりですが、リバーサルを見るとこっちの方が色がきれいなんです。
枚数は24枚しか撮らないので少ないですが、そこからあと5枚です。風景写真が好きな方はお付き合いください。

Ektachrome100と100PLUS


トレビ100Cの6本パックを買おうと足を伸ばしたら、見慣れないリバーサルフィルムが。。。
とりあえずトレビより安かったので買ってみました。(期限が2009.01と04ですが、間違いなく撮り終わるので。)

Ektachrome100はEPN、Ektachrome100PLUSはEPPという略称らしいです。

EPN:忠実な色再現。通販カタログの様に、鮮やかさよりも忠実な再現を必要とする撮影に適しています。複写用途にも適しています。また、変則反射の影響が少ないという特長も備えています。
EPP:ハイライトが柔らかく、白の再現に優れ、また、淡い微妙な色も忠実に再現します。ファッション、商品写真、報道写真に適しています。

ということで、EPNは地味目の発色かな。EPPは小田代ヶ原で使ってみたいかな。

使ってた方いらっしゃるでしょうか?
Tags: snap 35mmF2D

Home > 2008年07月

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。