FC2ブログ

Home > 2008年10月

三本槍


四角いフレームの方がしっくりすることもあります。後からそう思うのでなくて、撮るときにそう思うのです。

今日の夕空


印象仕上げ。空を撮る時にはなんとなくこの金網が好きだ。

今日は一日なんとなく何もなかった様なそんな感じ。

大黒岩周辺


奥に見える姥ヶ平、完全に色が抜けてました。那須の紅葉は完全に終わっていますね。やっぱり先々週から先週にかけてがピークのようでした。下界はまだですけどね。

そういえば、以前の那須の写真をプリントしてきたのですが、ネガ・ポジからスキャナを経由してデータを作ってお店でプリントするとどうにも納得できません。(ワイド四つ切)
家のプリンタの方が色が好みで出ます。PM-G860なんていうお安いプリンタですが。。。
ネガやポジから、コントラストや色の印象見本を作って、フィルムから焼いてもらったほうがいいのかな。。。

ポジはお気軽にプリントできる値段でもないですし、色々試すにはちょっとねぇ。。。

隠居倉にも朝が来た


今回の目的地はあそこに見える隠居倉でした。朝日岳の影と日が当たった隠居倉の対比に目を惹かれました。やっぱり朝の写真は撮っていて楽しいです。

朝の色


日が出るまではひんやりと青のグラデーション、日が出てからはオレンジと青のコラボレーション。
どちらも好きです。

猫 #170


朝日があったかいにゃ~


日陰の一部では霜が見られます。注意しないと見落としちゃいますけどね。。。
こういうのを撮るときは寄れる事がかなーりありがたいです。レンズ先3cmまで。

フードを地面等に刺さない様に注意しないと。。。orz

日の出


今日は嘘のように暖かかったです。この季節の日の出前は凍えるように寒いのに、今日はなんだったのでしょう。。。日光もきっと暖かかったのではないかと。。。

それにしても、CaptureNX2無しにはデジタル写真が成り立たなくなりつつあります。現像ソフトは人それぞれでしょうけどね。。。
デジでの撮って出しでは限界があります。デジは白トビに弱いともよく言いますが、14bitRAWで撮っておくとJPEGと比較して案外粘ります(とはいっても、何もせずJPEG出しすれば同じですが。。。)。
当然、現像工程を頭に置いた露出での撮影は必要ですけどね。
JPEGで白トビに悩んでいる人は14bitRAWで撮ってCaptureNX2で手を加えて現像することを考えてみると良いです。

この写真で言えば、手前の笹は見えるようにすこし明るくしていますし、太陽の周りは白トビを押さえるためにハイライトだけ少しおとしたりしています。
まぁ、これ弄るとこっちに影響が出て、というのは慣れるしかないと思いますけどね。慣れるとかなり便利です。それなりに印象どおりに仕上がります。

朝を待つ山々


重なりが美しいです。

大黒岩


ポジのような仕上がりになりました。

夜の那須


いつもどおり(?)早朝から。ハイシーズンということもあり、駐車場の半分くらいは埋まっていました。
駐車場でテント泊しているひとも。朝起きたときには満車でおちつかないでしょうにね。。。

朝日を受けて


庭にあった枯れ草。朝日のオレンジな色が入って綺麗でした。

満月の那須


先日の満月は空が晴れてとても明るかったです。が、山はやっぱり雲が。。。

雲を見ていると月の光のせいで色々な色を見せたりして面白くもあります。また、雲が切れると地表がとてもあかるくなり、満月の明るさを改めて実感しました。
満月の夜って楽しいです。


湯ノ湖には鴨がたくさんいます。

先週の日光は本当に綺麗な景色をたくさん見られました。帰りはちょっとだけ渋滞の影響をうけちゃいましたけどね。。。
今日も清滝ICから6キロの渋滞だったらしいです。平日なのに人が多くてビックリ。定年退職を迎えた人があちこちと活動しているのでしょうか。

森を歩く


西ノ湖までの道。とても気持ちのよいルートです。

このやわらかくて自然な写り、とっても気に入りました。

黄色い葉


D300でもやっぱりなかなかの写りをしてくれます。写真はまずレンズですね。

西ノ湖


小さくて静かな湖でした。


いい色が撮れました♪

フジフイルムはわかりませんが、kodakのプロ用ネガフィルムはとても肌理細やかでよい写りをしてくれます。あたったときの美しさは格別です。PORTRAあたりも使ってみたいのですけれど、6本パックがちょっとネックだったりします。。。
フジフイルムですとリアラエースかPRO400あたりですね。

在庫には、TREBI100Cが3本、Ektachrome100とEktachrome100PLUSがそれぞれ1本、トライエックスがたしか4本、FUJIの業務用が1本あります。。。
どちらかというとコダックの方が好きみたいです。

紅葉


やわらかい色が綺麗でした。

広がる葉


ここは大きな木が多く、気持ちのよい空間でした。

紅い葉先


小田代ヶ原から1002号線を歩いていたら道端にこんなに色鮮やかなモミジを見られました。バスに乗っていると見過ごしちゃいます。空気と景色を感じてテクテク歩くからこその発見。

それにしても、ネガのスキャンは難しすぎて悩みます。これは一発で決まったので良いですが、そうもいかないコマも多く、カラーのフィルムはポジのみにしようか考えちゃいます。
とはいっても、決まったときの綺麗さはポジでもデジでも得られないものがあるんですけどね。

こうやってポジやネガを使うことで自分の感覚の幅が広がるのは確かではあり、最近までずっと感覚を広げて新しい目をつくる方向で来ていましたが、ぼちぼちまた収縮する方向へ行くのではないか、と思っています。なにかを感じるに足りない感覚への神経を生み出した分、今度はそれを育てるためにぎゅーっと一点に集中する方へ流れるのではないかな、というところでしょうか。
水が低きへ流れるが如く感覚が行く方向を感じ取ってついて行くだけですね。静かに心の耳を澄まして、感覚がどっちへ反応しているか聞いてみるのも面白いものです。

秋の空に白樺





小田代ヶ原、白樺の木も綺麗です。

この写真は青ですが、フィルム(kodak ULTRACOLOR100UC)を使って赤と黄色を撮ってきました。秋って実は色鮮やかな季節ですね。

枯れゆく小田代ヶ原




枯れた黄色も綺麗です。

小田代ヶ原


月夜を撮りながら、なんとなくこの日の小田代ヶ原は靄がでないと予想したらどんぴしゃで当たりでした。
わんさかとカメラマンがおりましたが、落胆された方も多かったのでしょうね。自然相手だから仕方ないんですけどね。

そういえば、このあと西ノ湖、千手ヶ浜へいったあと、温泉に入って、湯ノ湖にあるビジターセンターにいったらとある方の写真を展示しておりまして、どうやらその人が以前に小田代ヶ原で歩くなと言ったおじさんとほぼ同一人物である模様でした。当時の記事はコレ。顔と声と背丈が記憶と一致。入った瞬間にピンと来ました。人間の記憶は100%ではないので断定はできませんが、個人的には濃厚です。
日光の自然のすばらしさを皆さんに、と言っている声が聞こえてきましたが、来た人間に歩くなと言う当人であるのならばちゃんちゃらおかしいですわね。

月夜


いい色。好きな色

中禅寺湖


遠くに見えるは白根山などの山々。よくみれば尾根まで見えます。

中禅寺湖の夜


いい色がでてご機嫌です。

が、いかんせん眠いです。。。今日は全部現像できなそう。

バルブ


なんとなく撮ってみたら写りがよくて。。。あえてこういうモノを撮るのは無いんですけどね。

お食事中


花粉にまみれてお食事中♪

等倍切り出し↓

よくここまで写るものだと感心します。

猫 #169


Home > 2008年10月

写真Links
Archives

Page Top