FC2ブログ

Home > 2008年11月

雪のマフラー



今日は予想以上の雪。
大丸より上は道路でも積雪が20cm近く。除雪なし。
さすがにそれだけあると上がりきれないおそれがあるので
そこでやめておきました。
スノーシューも持っていなかったし。

けれど、よい日の出が見られたので良し。

スタッドレスタイヤが必須の朝でした。

濡れる雲巌寺方丈



雰囲気ばっちり。

写りを楽しむのも良いけど、本当のところは、
コレは俺しか撮れないという写真が撮りたい。

とはいえ、機材を熟知することは必要だし、
そのためには量を撮って、よく観察してを繰り返すという
下積みのようなことも必要なのだろう。
けれど、下積みと言っても楽しんでいるので悲惨さは無い(笑

風景は綺麗なだけの写真が多いのもまた事実だと思っているし、
腕よりも行動の結果の面が大きいとも思うのだけれども、
じゃぁ、何をそこへ?と思うと難しいものだ。


被写体はなんでもいいが、欲しいのは"被写体に対する確たる自分"。

とりあえず、撮りたいものを撮りたい様に撮るだけだ。
そして、テキストなんか抜きにしておぉっと思う写真が撮りたい。

しっとり浴室



暗部がちょっとかぶって緑っぽいのはスキャンのせい?
この日はFMしかもっていなかったので露出に自信がなかったけれど
結果としてよい感じになりました。
デジは露出の確認ができるのが楽ですね。

初霜



昨日の初氷に次いで今朝の初霜。
冬だね。

山門から覗く



階段を上がったところのアングル、どこでもだけれどもついやっちゃう。
好きなんだと思う。

あしたはDistagonで2枚。

なんだかんだ言って写真は標準域がいちばんいい。
望遠は望遠で面白いのだけれども、自然さというものを
大切にしていくと25~50位がちょうど良い気がする。
ただ、85mmF1.4Dはぐっとくる色がでるのを見ているので欲しいかな。
手持ちの135mmは、やっぱり普通には使えない。
ブレや見え方を考えると望遠として非常に気を使うレンズだ。
けど、安いし小さいし、けれど写りは良いし、一つ持っていて得するレンズだと思う。

85mmばっかりはGタイプになる前に買わないといけないかも。

雲巌寺山門



雲巌寺は雨が似合う。
それにしても、この写りもいいわ。
Planarにフィルム、たまらん。
しっとりとした落ち着いた雰囲気だ。

朝が訪れた小田代ヶ原



なんかわからんけどいい写り。
デジ写真にないしっとり感を感じる。

あと、黒をもっとうまく使えるようになりたいと思った。

陽差す瞬間



キラキラと輝き始める瞬間。

初氷



氷につかまった色あせたモミジがなんとも冬らしくもあり。。。

庭でも氷が見られるようになりました。
冬の訪れです。

Tags: snap 135mmF2.8S

朝光照らす



ちょっと派手目の印象通り仕上げ。
貴婦人よりもこっちへの光のあたり具合が綺麗だったのだ。

月夜の小田代ヶ原



コレなんだよね、撮りたかったのは。
こんどは25mmでやってみようと思う。
でも、その頃は雪景色だね。

夜の明ける頃



ちょっと赤いのは日差しのせいだったか。

風景はフィルムがいいと思う。デジでも違和感を感じないのは人工物を写す時。
人間の目というのは自然の色にシビアなのだと思う。

力強さを。。。



カラーの風景写真は綺麗だけれども、どうも物足りない。

綺麗さでなく、力強さがある写真を撮りたい。
とはいっても一枚の写真において力強さというものを表現したいのではなく、
結果として内面から生まれくる力強さが欲しいのだ。

凍夜



デジタルはこれでおしまい。
風景であれば、18-70と55-200の2本で撮りきれる気もします。
(55-200は距離環がないので結構つらいんですが。。。)
開放F値は関係ないですしね。
単焦点の面白さはこういう時間ではなくて、日常を写すときの
目にあるのではないかと思ったり。
この日は35mmのレンズ以外全部持っていってみたので結構重かったです。
色々と考えるところがあって。。。

場所によってはデジタルもしくはフィルムの一本に絞った方が
いいのではないかなぁ、とも。
そもそも、重量というのはかなり重要な要素ですし。
(私は、徒歩移動できない機材選択は嫌いなんでね。)

ただし、どっちもやってみないと納得のいく結論なんてでないので
とりあえず、何か見えるか気分が決まるまではどっちつかずで行くことでしょう。

ただねぇ、デジタルは写りがカタ過ぎて好みで無いんですよねぇ。
立体感が出ないというか、色の雰囲気が足りないというか、なんでしょうねぇ。
フィルム写真のもつ雰囲気に惹かれるのです。
まぁ、露出という大きな壁がありますが。。。
最低限D300クラスの露出計は欲しい。F6? オィ

明日ポジが上がってくるのでどんなのか楽しみです。

異質な小田代ヶ原



みんなが撮らないこんな冷たくてちょっと非現実的な小田代ヶ原が撮りたかったのです。
1枚に5分10分とかけるの方が楽しいのです。

でも、アングルはまだ悩み中。

最高の朝



こんな朝、最高に気持ちが良いです。

blogで写真を載せる理由、なんでしょうねぇ。
第3者の目がもてるから、かな。
見るサイズを考えた絵作りにも効果があるし、
選ぶときに自分が撮った労力でバイアスをかけて見るのを避ける効果もある。
自分の写真を公平に見る目をもてる、と。

blogランキングなんかは、上位だからと言って写真がうまいわけではないですし
ひどいとクリック呉れ呉れとうるさいサイトもある。
個人的には美しさの微塵も感じないわけでそういうのは好きじゃぁ無いんですわ。
まぁね、このテンプレだって文字を載せるにはまったく向かないので、
そういう点では全然好きじゃないのですが、写真一枚を見るにはこの方が便利なので。。。
広告やランキングやらなんやらがべたべたとあるのは嫌いなのです。
まぁ、ランキングを使った経験からの感触として、テキストの影響が大きいのと
明るく鮮やかな写真の受けがいいですね。
写真そのものの評価ではない気がします。

ほんと、ここは自己満足ですな。

Continue reading

月夜の小田代ヶ原



提出作品はコレにしましたw

こっちの方がよかったべか。500円も払うんだしw

Continue reading

月下貴婦人



青と白だけの冷たい夜の世界。

アップはこちら↓

Continue reading

貴婦人



あそこのblogにここのblogをキーワードとして書き込むのはやめてくれw

そういえば、結構前に某写真店にて、数日間山に篭って奥日光の写真を撮って
お金を稼いでいる人がいると聞いた事があるのだが、ソレかとふと思ったり。
今は撤去されて壁一面ファミリー写真になっているが、うっすらと店内での掲示写真に
その名前を見た様な記憶もある。。。

わたしゃ記憶力がいいんでねw

月下霜夜



そんな4字あり?
こんな時間をとりたくて今日は早出。ぶっちぎりの一番乗りでしたw

早朝バスがなくなったこの季節、極めて快適です。

そういえば、私のFMがちょっと調子悪いです。
ミラーアップはセルフタイマーでやるのですが、シャッターが落ちない状況が頻発。。。
ん~ F3欲しいなぁ。。。

太陽と氷を纏う貴婦人



今日は非常に美しい景色を見られました。
まだまだ山ほど綺麗な写真がありますが、まだ現像してませーん。

楽しみ楽しみ。

そういえば、e-nikkor clubというのがあって、写真添削ができるということで
試しに入会してみたのだが、今日から作品提出だ。
なんといってもおいらはまだ写真歴1年ちょっとの写真の初心者ですから、というのが動機。

ちなみに添削講師はこの人だとメールが来ていた。
はじめてみる名前です。

今日の特選から一枚を送ってみようw
っていうか、上手いのか、ホントに??
Worksを見ても取り立てて実績もない感じだし、あんまり上手い感じがしないのだけど、
本当にいいのか??

まぁね、プロと言ってもジャンルそれぞれ、指導専門のプロもいるだろうし
どんなコメントが返ってくるか楽しみだw

霧氷



今日は初めて正昭さんにお会いし、色々とお話を聞かせていただいて
朝の撮影の最後が一層楽しいものとなりました。
去年、偶然にもblogを拝見し、すばらしい写真を通して美しい小田代ヶ原という場所を
知る事が無かったらば、こうやって綺麗な景色に出会わなかったかも知れないと思うと、
きっかけや出会いというのはありがたいものだと思います。

またお会いしましたらよろしくお願いいたします。

石灯籠

img594-2l

ちょっと風化した石のザラツキがリアル。
トライエックスの描写とあいまっていい感じだと思う。
デジにはない重厚さかもしれない。
自分の腕ないからかもしれないけどネorz

木を這う蔦

img591-3l

開放に近いとぐるぐるした感じ。
二線ボケもちょっとある。
けれど、それらの事も含めて雰囲気なんだと思う。

腰をすえて風景を撮るのではなくて、
日々の中に面白い被写体を発見するのが楽しいカメラかもしれない。

G.Zuikoを開放付近で。。。



G.Zuiko 42mm F1.7のこのカメラ、開放近くで使うと面白いようだ。
2本目の手すりの立体感がいい感じ。

神社の屋根



撮ったままスキャンしたまま。
うまくいくととても綺麗だわ。

夏の日差し



モノクロフィルムがあがってくるに先立って思いついたことを試してみている。
CaptureNX2は便利なのだけれども、16bitグレーのデータが読み込めないという
ある種の欠陥がある。
これを解決できないかなぁと思っていたのだけれども、ふとカラーで取り込めば
いけるのではないかと思って48bitカラーで取り込んだところうまく行った。
ただ、このままだと完全なグレーではなくてご覧のとおり温黒調のような色になる。
ま、これは最後にフォトショップでグレースケール変換してしまえばいいのだけれども。
CaptureNX2でやらないのは、白黒変換すると純粋にグレースケールにならずにトーンまで
変わってしまうから。ちょっとアンダー目になる感じ。。。
明るさ+35でほぼ同じかな。

CNX2を使うと便利なのは(PE5.0に比してだけれども。)黒と白が決めやすいのがある。
つまり黒から白までの諧調をしっかりと決めやすい。

そんなわけで、手間はかかるけれども処理を考えると
・48bitカラーで取り込み
・CaptureNX2でハイライトとシャドーの決定とゴミ取り、トリミング。
・PhotoshopElementで覆い焼き、焼き込み。(やるならだけど)
・純黒調にするならPEでグレースケール変換。
というのが良いようだ。

スキャンのピントは、この写真に関してはフィルムホルダーの高さを変えた方がシャープだった。
ただ、他は変化なし。
これは結論がまだ出せてない。

Continue reading

Olympus 35SP に Tri-Xを詰めて



スポット測光ができることとEV表示であることから、思うところあってトライエックスを詰めて撮ってみた。

40年前のカメラ(1969~)に50年の歴史(1954~)があるフィルムの組み合わせ、どんな画が出てくるかな。

そういえば、全然関係ないですがSIGMAがFOVEONを買収した模様です。
面白そうなカメラがでてくるかな。



朝通る道、真正面から照りつける朝日がまぶしくて撮りたかった場所。
モノクロでらしく仕上げてみました。

秋を覗き見



東照宮の近くを歩いていて見つけた景色。
手前の竹とちょっと見える屋根、そこにかぶさる黄色の葉っぱの組み合わせがとても良かった。

Home > 2008年11月

写真Links
Archives

Page Top