Home > 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

添削1回目


「月照らす小田代ヶ原」

eニッコールクラブ 短期添削講座「季節の自然風景」
第1回結果が返ってまいりました。
スポンサーサイト

Continue reading

Tags:

monochrome#17, 猫 #180 視線



たぶん開放。絞ってf2くらい。
後ボケにクセあり?

現像していないフィルムが2本、
これから一本やろうかな。

monochrome#16 サブカメラ



最近このレンズ(35mm)を使ってないし、
このカメラもサブになっちゃった。

ズームとモロモロ自動の組み合わせ、
吹雪いている時なんかは便利なんだけどね。

雪山



明日はこんなの撮りたい。
これはデジでモノクロ変換、Y2、ハイパス。

monochrome#15, 猫 #179 お疲れ



山に行く前に撮ったフィルムを
現像しようと思っていたのだけれども
なんとなく疲れたのでお預け。

今度のはPRESTOだけれども、どんな感じになるかな。

雲舞う



今日もよい天気でした。
明日も天気が良いといいなぁ。

ポジは撮りきらずに冷蔵庫行き。
デジも持っていっているけど、2台は面倒。
ポジでもそんなには露出をはずさないし(?)、
今度からは1台かな。

モノクロ1本、レンズは2本で行こうとしている俺がいるw

猫 #178 掻く 



いやーん ホコリが舞ってる~

デジのモノクロはフィルムのモノクロには到底及ばないな。。。

monochrome#14, 猫 #177 寝る



このネガはちょっとアンダーだったようだ。
ネガを見てもちょっと濃さが違うのが見て取れる。
いいトーンで見るには露出は重要だね。
右手前の影はレンズとフードのそれ。

そういえば、最近は50mmばかり。
この広角レンズはモノクロでは今のところほぼ出番なし。
飾らないストレートな印象を求めていると
25mmはちょっと広すぎるのだろう。
35SPは42mmというまた絶妙な焦点距離だけれども
フレームを覗く限りではまだあまりわからない。
ただ、42mmは一歩下がった印象かな。

視野率という問題はあるけれども、
50mmというのは非常にシンプルでいいと思う。

monochrome#13 鳥



スキャンしてオッと思った一枚。
35SPにY2(黄色)フィルターをつけて。
58mmのY2も買ってみた。

母親が黄色いフィルタを見て、いや~懐かしいと
言った事に時間の流れを感じる。

じぃさんが使っていたらしいローライコード
欲しかったな。

monochrome#12 空


monochrome#11 車窓


monochrome#10 明かり



どこを基準に測光をするか、それが問題だ。
ゾーンシステムの考え方は露出を決める上で有用に思う。

そういえば、写りの違いに興味があるので
フィルムの特性曲線を見てみると、
ACROSと400TXはすっと立ち上がってまっすぐ伸びる。
PRESTOとSuperPRESTOはちょっと放物線ぽい。
たぶん、結構おおきな違いが出ると思う。
他にもフィルムはあるけれど、とりあえずメジャーどころで。

これにD-76をつかうか、ミクロファインにするか
スーパープロドールにするかでも
違うのだろうし、原液か希釈かでも違うのだろう。
400TXをD-76でという王道も興味はあるかな。
まぁ、基本はお安くお気軽に、だけど。
とりあえず、他にフジの3種のフィルムは試そうと思っている。
現像液はとりあえずなくなるまではSPD希釈現像の予定。

これも下も400TXにSPD希釈現像というあまり見かけない
組み合わせだけど、嫌いじゃないかな。
シャドー部もそれなりに写っているし。

monochrome#9 雨の日



こんな日の写りは楽しい。

晴れ間



時折見せる晴れ間が印象的だった。



結構遠くにあったけれど、日が当たって目立っていた。

monochrome#8 Olympus 35SP  G.Zuiko 1:1.7 f=42mm



このカメラにY2(黄色のモノクロ用フィルター)を
つけて使っている人ってどれくらいいるのだろうか。

結構いい写りだったのでびっくり。
ので、58mmのY2フィルターも買うことにした。
ただし、ヤフオクでw

そういえば、ネガを見て思うけど、
ラティチュードが広いから露出は適当でオッケーというのは
あたりだけど、嘘だ。
自分はデジから入ってポジも使っているからネガでも
露出補正は当たり前にやって撮っているけれど、
当然のこととしてネガの濃さは異なる。
もちろんソフトもいじっているから明るくしたり暗くしたり位は
余裕だけれども、存在しないデータはどうにもならないし、
粒子の荒れとかも変わってくる。
なんとか見られるという意味ではかなり寛容だけれども、
写りにこだわるなら露出補正は当然必須。

ま、なんだかんだでモノクロの写りは面白みを感じるに
十分な魅力を備えていると思うのだ。

monochrome#7 見えない茶臼岳



うっすらと見える鉱山事務所跡。
在りし日の残骸。

monochrome#6 避難小屋



昔ここに本当に茶屋があったなんて信じられないな。



晴れと雪の組み合わせも好きだ。

モノクロ自家現像



ちょっと興味があってモノクロ自家現像に手を出してみました。
まだ手順に慣れないですが、一応画は出てきます。
100均をフルに活用して、道具は〆て7000円くらいだったでしょうか。
現像にかかる時間は、液温の調整から乾燥の手前までで小一時間くらいかな。

一本目は完全暗黒ではなかったのでフィルムを巻いているうちに
かぶってしまいました。
気になっていたのでささっと2本目を撮って再度現像にチャレンジしてみました。

コントラストのしっかりしたコマもあれば素抜けに近いコマもあります。
スキャナとソフトで結構救えてしまうのですが、こうやってネガを見ると
白黒はっきりしたネガは見ていて気持ちが良いです。

さてさて、このネガが乾燥するのが待ち遠しいです。

Continue reading

monochrome#5 山へ向かう



体の傾き具合から風の強さがわかるかな。
これからどこへ行ったのでしょう。。。

monochrome#4 登山客



こんな日でも、登る人はたくさん。
峰の茶屋は満員になりました。

monochrome#3 剣ヶ峰方向



登りはじめは天気が良かったのに、峰の茶屋につく頃にはこんな感じ。
まさしく冬の那須。

monochrome#2 初冬を楽しむ



かぶったネガでもスキャナとソフトで案外いけちゃう。

とはいっても、ストレートにスキャンして
ちゃんとコントラストが出るように現像したいものだ。

那須の朝



二日連荘の那須行き。
日曜は朝起きて天気を見てからいったので大丈夫でした。
とはいっても、半吹雪になったりもありましたが。

この季節、晴れると空気が澄んでいて気持ちよいです。

monochrome#1 那須を懐かしの雰囲気で



失敗失敗。
ちゃんと真っ暗いところで巻かないとw
かぶっちゃったよーん
まるでウン十年前の写真があせたようだ。
これはこれで面白い写りだとは思うんだけどね。

現像液はスーパープロドールをよくわからずに買ってしまったけれど、
ミクロファインにすればよかった。
アクロスか、スーパープレストを使いたいのだ。
とりあえず、手元にあるフィルムということで400TXでやってみた。

原液で、希釈現像の時間やっちゃった。
攪拌が足りなかったのもある。

ここで手を抜くとうまくいかない、という所がわかるという成果を得た。
露出は1/125 F8がほとんどだった。電池忘れて勘でだけど。
太陽が出ての、太陽と雪山のコントラストが撮りたかったけど、
フィルムを使っている間はずっと半吹雪。
マイナス2度くらいで、寒くなかったので快適だったんだけどなぁ。

目覚めの光



気持ちいい朝。

降り注ぐ光



冬の朝はいいものです。

そういえば、去年の明日にD300を手にしたので今日で1年です。
約44000枚の写真をこのカメラで撮りました。
ん~、まぁまぁ撮ったほうでしょうか。

このカメラのせいでフィルムのカメラにも手をだしてしまったようなもの。
手持ちの単焦点をフルに使いたいのでD700が1年ちょっとして
安くなったら欲しいかな。
けど、フィルムの方が写りはいい印象だし、デジでもいい感じに
撮れる様になったら考えようかな。

陽光差す



そりゃぁきれいなモノでした。
現実に比べると、写真は今ひとつ。。。

日の出に期待



風は強かったですが、綺麗な空でした。
けれど、こういう色はデジのもっとも苦手とするところの一つのようだ。

Home > 2008年11月

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。