FC2ブログ

Home > 2009年03月

皇居



築地の仕事



眼鏡をかけてぱぱっと撮るとピントをはずすことが多い。。。
ファインダーと目の距離は重要だ。

PRO400は興味でつかってみたけど、これも悪くない。
色に誇張は無い感じ。

夕暮れとオンナノコ



夕日を綺麗だなぁと思うのはどこに住んでいても同じね、きっと。。。

夕暮れ雲



築地の仕事



築地の仕事



冷凍マグロ



ここは冷凍だけだったけれども、黒々としたマグロは綺麗だ。

早朝の築地場内市場を歩く



ちょっと(?)覗いてきた。

Continue reading

monochrome#114 朝の光



monochrome#113, 猫 #192



写真が好きだといいつつ、ピントや露出が適当な写真を
向上も無く垂れ流し続ける人(失礼)って、本当に好きなんだろうか。
結果としての写真がお粗末なまんまは理解できない。

やっているうちにうまくなるというのは、工夫を重ねるから
うまくなるのであって、頭を働かせもせずに時間さえたてば
うまくなるなんていう(無意識だろうけど)傲慢な考えはどうかと思う。
ま、本人はそんな事は考えても無いんだろうけれど、
向上がないってのは、こだわりがないからなのだろうし、
それに対しての好きなポイントがないって事の裏返しなんじゃないの。

実は、機材が好きなだけじゃないの?
実は、伝えるのが好きなだけじゃないの?
実は、人にすごいって言われたいだけじゃないの?
実は、よさげな写真を撮れる自分にちょっぴりうぬぼれているだけじゃないの?
(実は、技術偏重だったりで中身のないおもろない写真だったりするけど)

自分?写真が好きかどうかはわからない。
工夫することは好きだけど。


monochrome#112



冬の薄暗い散歩道



Tags: snap 35mmF2D

曇天桜



D300にはこのレンズが一番使いやすいかな。
けれど、フィルムに50mmF1.4とはやっぱり別物。
同じなのは画角だけ。被写界深度はまったく別。

Tags: 草花 35mmF2D

monochrome#111 福寿草



雲巌寺にて。
こういうマイクロレンズとか、広角とかって
やっぱり普段使いじゃないだよなと感じる。
見ようという意思がある画角なんだと思う。

田舎



千体地蔵



新旧色々。祈る気持ちの大きさを手で表しているのかな。

これはお金を払えば誰でも設置してくれるらしい。
管理は那須観光協会らしい。

河津桜



先週の河津桜。もっていたフィルムで。
フィルムの方が立体感とか色の深みがあって好きだな。

ただ、クリアベースのフィルムがいいみたい。
そういう意味ではTREBI100Cが一番いいかな。
最近使ってないから忘れちゃったけど。

ところで、今日の三本松茶屋の最高風速 46.9 m/s ってナニ?

monochrome#110



アクロスはちょっとアンダー目の方がいいのかな。

monochrome#109 枯れたほととぎす



ほととぎすって聞いた記憶がある。
こういう黒バックのモノクロ写真、すきなんだよねぇ。
で、この背景の黒の感じが結構重要だったりする。

monochrome#108 枯れた紫陽花



冬は枯れ花シリーズがなぜか多くなる。
この薄っぺらく乾いた感じが冬の空気にマッチして好きなのかも。

monochrome#107 枯れたツメレンゲ



中判や大判になるほど、標準レンズの焦点距離は長くなる。
フォーマットは異なるし、それに伴って望遠だったり広角だったりと
印象は変わるけれど、その焦点距離が持つ描写特性というのは
変わらないのじゃないかな。

monochrome#106 また雪



明日には積もっているのかな。

monochrome#105 ひな祭り



関係ないけどね~

monochrome#104



このあたり、近所ではないけれどなんとなくよく来る。
山すそを走るのは旧会津中街道だっけか?

monochrome#103 雲



このフィルムは好みでは無いみたい。
基本、すごーく軟調なのかな。
光を照り返す川面の様なコントラストのきついものを
撮るには強いのだけれども、こんな風景だとね。。。

RETRO400もDELTA100も好みなのだけれども、
違いを観察してみると、シャドーの濃さの違いのようだ。

まだRETRO400のがあるけれど、思ったことのメモを兼ねて。

monochrome#102



最近はほんとF3ばかり。

D300はちょっとゴツ過ぎるのが日頃持ち出さない理由かな、多分。
今の主用途は露出計だ。
これから日が長くなってくれば夕空撮影用かな(笑

フィルムを好んでいるであろう理由は、ポジなら湿り気等がよりよく写るからだし、
モノクロは圧倒的なトーンの美しさ、ネガは柔らかさと気楽さかな。
(これだって光の差し具合が綺麗に写っていると思うし、それが楽しいのだ。)

デジの利点は、便利さ、速度とコストかなぁ。
けれど、フィルムだってプリントするわけではないので大してしない。
モノクロなんて道具買ったので薬品代だけだし。
16本現像したので500円で考えると、道具代の元は取ったし。
デジの不便さは色々あること・できること。電池がないと動かないこと。

便利さも速度も今の自分には必要ないところ。
一番大事なことは、気持ちよく使えること。

道具は繰り返しの使用によって心手期せずして使えるようになるべし、が
モットーなので、便利なことは実は利点ではなかったりもする。
最初から便利だと考えなくなりがちだしね。
構造機能特性を理解して操作になじんでいけば、よりうまく使えるようになるってもんさ。

考えることを楽しむのがいいのだ。

霧氷



とにかく夜出て歩くということをしたくて、
天気二の次で出かけてみた。
根拠の無い期待をしたけれど、やっぱり予報どおりだったわけ。

県外ナンバーの人は嬉々と撮影しているようだったけど、
自分にとって、今年の冬の日光は終わった感じだネェ
寒くなることがあれば足を伸ばそうとは思うけど。
あとは那須かな。

それとも、華厳の滝のまわりは結構霧氷がついていたので
新規開拓かな。

春さきどり



マイクロレンズほどではないけれど、このレンズもかなり寄れる。
色はDistagonらしく濃いね。

とにもかくにも、桜の色というのはいいものです。
でも、ソメイヨシノって結構色が薄くて、
イメージカラーでは河津桜だな。

春さきどり



まだ冬の写真を撮り終えたつもりは無いですが、もう終わりかな。

春はやっぱり良いですね。
ぼちぼちカラー写真の季節かなw

春さきどり



青とピンクはよいね。

Home > 2009年03月

写真Links
Archives

Page Top