Home > 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

東北を望む



二つ頭は燧ケ岳だ。

スポンサーサイト

山頂付近から




南東斜面からの眺め



あの尾根筋を歩いたわけだ。

五色山から北を望む




五色沼



Photoshopでフィルター処理。

フィルムを使う以上はフィルターワークを覚えないといけないようだなぁ。
この時間ならC4かな。
でも、こんな感じでとるならデジの方がいいかも。



白根山



カラーバランスを少し緑へふった。

この後、左回りに山を登るルートを取った。
白根山から左に降りた先にある赤いのが避難小屋だ。

日の出の気配



ルートの途中から。
やっぱり、こんな時間の色が一番好きだ。

白根山



五色沼と白根山のセットで見たくて歩いてきた。
菅沼登山口から弥陀ヶ池まで3km、85分。最初の2kmがきつい。
それからぐるーっと五色沼を一周するかのようなコース取り。
本番にむけて筋トレもかねてだ。
前白根山からは、なんとなく疲れていたのでどうしようかなぁと思っていたけれど、
避難小屋で涼んだら体力も回復して、白根山へ。。。
弥陀ヶ池からのルートよりも、こっちの方が登りやすいですね。

白根山の山頂付近では小田代ヶ原で見るようなごっつい三脚を
持って登っているそれなりに若い人を数人見たけど、みんなタフだねぇ。
あれ、きっと3キロとか4キロあるんでしょ。おいらにゃ無理。
おまけに、レンズはかなりの広角がついていて、
フード逆づけのまま撮影していたり。。。
重い三脚を担ぎ上げる理由が謎だ。やっぱり、筋トレかな?

下りは弥陀ヶ池におりて、湖畔の日陰で小休止。
疲れが取れたところで登って来た道を1時間で下ってゴール。
登りは90分弱かかるけれど、下りは60分。
登りってつくづくペースが上がらないなぁ、と。。。

そういや、今日は鹿をたくさん見た。7頭。
いろはより上で4頭。全然逃げない。
おまけに、一頭は車の方に逃げてきた。逆行け~
セーフだったけど。
他の3頭はばらばらだったけれど、みんなこちらをまじまじと見ていた。
ゆっくり走ってじっくり観察もしてみた。時間帯があるのかも。

五色山では2頭目視。警戒の鳴き声もあちこちで聞いた。
きわめつけは弥陀ヶ池。人間のすぐ横にでてきて、池を歩き、
広場のイワカガミ?を食す。ぜんぜん逃げないの。

帰りに猿も見た。今日は動物のあたり日だったらしい。

monochrome#167



さて、週末。
久しぶりに山を歩いてみようかな。
きっと、衰えているんだろうけど。。。

カメラに悩むのだけれども、とりあえずF3にしようかと。。。

monochrome#166



ふっと思い立って手持ちレンズの周辺減光を確認してみた。
25、35、50、105と18-70、55-200。135は貸し出し中。

D300につけてだけれども、フィルム用のレンズだと1段絞ると
わからなくなる。2段絞ればほぼ完璧。
ま、レンズの中心部しかつかってないのだから当然といえば当然。
マイクロの場合、開放から周辺減光はわからない。
これも、レンズの用途を考えれば当然かな。

50mmでf1.4のほうが、18とか55の広角端より減光は小さい。
DXフォーマットのレンズだと、18-70、55-200ともに11まで
絞らないとだめね。8でほぼわからなくなるけれども。

まじまじとチェックなんてしたこと無かったけれど、案外おもろい。
まぁ、わざわざホルガなんぞかわなくとも、DX用ズームレンズの
開放を使えばばっちりトンネル効果が得られるw
1段くらいアンダーでやればかなりわかる。
これに、歪曲補正をつかって陣笠型の収差をくわえてやれば完璧だな。

今日の夕空



あたらしいblogの一枚目はオートコードでの写真にしようと思ったけれど、そうはうまくいかない(笑

monochrome#165



blogをもう一つ作ってみた。
もっとゆるりと楽しもうと思って。。。
でも、同じ写真を使うことが多いだろうと思う。
見せ方一つで同じ写真が変わることがあるのもあるからね。

こちらは変わらずだらっと行くつもりだ。

そいえば、雲台を買った。
今まで脚がダメになったUltra Lux i Mのものを引き続き使っていたが、
クイックシューの部分がやせてしまって固定がしっかりされなくなってきた。
ここまで使えば一線から下げてもいい頃合かなと思って。。。
なんだかんんだで、写真を撮るようになって3年目なんだよね。。。

monochrome#164, 猫 #205

    

このフィルムの光の写り方は、やっぱりPRESTOや
400TXとちょっとだけ違う気がする。
そして、そのちょっとの差の部分が好きだったりする。

monochrome#163 天狗岩

    

パーフォレーションまで取り込むと、印象を写真に
焼付けたという感じがすごく強くなる。
フィルムのデータとかがある分リアルではないのだけれども
かえってそれが効いているみたい。

monochrome#162 [浅草]←[当駅(男鹿高原駅)]→[会津]



思考の範囲がダイナミック。

改札も駐車場もなにもない、ホームだけの無人駅。
近くにあるのはヘリポートだけ。
でも、鉄道好きには秘境駅として知られているらしい。

135のRETRO400にて。
普通は長辺が36mmですけど、これは56mm。
1955年のカメラだけれども、よく写ります。

Continue reading

monochrome#161 蜘蛛の巣



幅24mmで使うと縦長すぎて使いにくい。
これくらいならいいかな。


monochrome#160 あじさい



RETRO400にはミクロファインの方があうのかなぁ。。。
明日もう一度見てみよう。

あじさい



オートコードに135のRETRO400を入れてみたが、
コマかぶりも無くちゃんと撮れていた。
あとは乾くのを待つだけだ。

モノクロにぴったりの階調豊かなレンズとこのフィルムの
組み合わせはどんな感じになるのかが楽しみだ。

Tags: 草花 35mmF2D

あじさい



今日も雨です。

オートコードに135のRETRO400をつめて遊んでみようかな。

Tags: 草花 35mmF2D

あじさい



桜も好きだけれども、紫陽花は結構好きの様だ。
たぶん、この青に惹かれているのだと思う。

Tags: 草花 35mmF2D

ガス



なかなか晴れない。


太陽の輝き



6/7の写真。
すごく綺麗だった。

写真はカメラでもレンズでもフィルムでもなくて、
太陽なんだとつくづく思う。



雨にやわらかい雰囲気を感じることもあるが
今の自分にはただただ悲しい涙のようだ。

つつじ



vividだけれども飽和しない赤が出るのがいいわ。

アジサイ



monochrome#159



monochrome#158 自販機




まっすぐではない視線



二眼レフがいいなぁとおもうのは、まっすぐ見ないこと。
機能がほとんどなくて、シンプルな道具であること。
(マシーンっぽさがないと言えばいいかな。)
一眼レフは目の高さまでカメラを持ち上げて構える必要が
ありますが、それがいろんなものひっくるめて
時にゴツく感じることがあります。

TPOもありますが、なんというか、撮ってやるぞーを
必要以上に感じることもあるということですかねぇ。

日々を楽しむ写真、肩肘張る必要はないですからね。
ま、ココロの流れるままになんですが。

Tags: snap 35mmF2D

monochrome#157



力を入れて作品を撮るスタイルもあるけれど、
どうやら自分にはそれは無いという考えが固まってきた。

とはいいつつも、手元にカメラがあれば
色々と撮ってみたいのは人情。
メカニカルなカメラに限るけれど、
道具を使うこと自体が楽しいというのもある。
ま、自分の狭い思考と狭い行動範囲の中での
出来上がりを思い返せば、
日々の中にある写真の方が好きだなぁ、と。。。

blogのほうも、毎日何かを残す形を継続するように
してきたけれど、ちょっと変えてみようかな、と。

とはいっても、山へお出かけすればいい景色を
たくさん見られるし、そうすればいい写真も
たくさん撮れる。
緩急の激しいものになっちゃいそうで、
自分でそれを時間当たり枚数の厚みを
均等にできないのは目に見えてたりするんだよね。

まぁ、もちっと写真との付き合い方が変わってきたらかな。

猫 #204



Home > 2009年06月

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。