Home > 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GT-X970 スキャン方法の試行



ブローニーのスキャンで悩むことのひとつがフィルムの平坦性だ。
これが悪いがために写真全体がもやっとしてしまったり
直線が曲線になってしまったりする。
スポンサーサイト

Continue reading

甥っ子



赤ん坊は見ているだけでかわいい。

たまたまオイラがデジカメを持っているので入院期間から貸してあげた。
病院のような暗いところでも綺麗に写るという事を求めたときに
D300はとても優秀な機械だ。
D40xも使ったことがあるけれど、オートフォーカスの食いつきやポイント数、
ホワイトバランス、露出などを考えたときに、コストがかかっているだけあって、
押せば誰にでも綺麗に写せるというのは高級機の方だ。
51点AFのおかげで人間へのピントはフォーカスエリアを意識する必要もないし。
コンパクトデジタルは、画質から見るとお話にならないですね。
肌の色が全然駄目。高感度になると更に色がひどくて。。。
赤ちゃんの肌を綺麗に写すにはやっぱり一眼レフだと思った次第。
(ま、写真は感度が高めなんでちょっと荒れていますが。。。)

押せば誰でも綺麗に写せる仕様にするには、
・感度自動制御をON
・最低シャッター速度を1/40くらい
上記にして、モードをPにすれば、一眼レフを触ったことが無い人でも大丈夫。
半押しでピントがあって、押し込めばシャッターが切れるのは馴染みがあるし。

露出補正は+0.7くらいにしておけば更によし。
ノイズに関しては、そのままでもいけるけれど、更に求めるなら
RAWで撮ってパソコンでJPEG化をした方がいい気がします。
VIEW NXでのバッチ処理でもオッケー。

ま、フィルムの方が色はいいけれど、枚数とのバランスを考えると
D300には勝てないですわ。

Home > 2009年10月

写真Links
Archives

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。