Home > 歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tags:

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/1139-2b069fec
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from "Did you get pictures?"

Home > スポンサー広告 > 歴史

  • Newer
  • Older
  • 歴史


    奉献 那須与一宗隆 気づきました?


    歴史の一端が垣間見えるこの神社。
    平家物語にも出てくる那須温泉神社です。

    ころは二月十八日の酉の刻ばかりのことなるに、
    をりふし北風激しくて、磯打つ波も高かりけり。
    舟は、揺り上げ揺りすゑ漂へば、扇もくしに定まらず
    ひらめいたり。沖には平家、舟を一面に並べて見物す。
    陸には源氏、くつばみを並べてこれを見る。いづれも
    いづれも晴れならずといふことぞなき。

    という扇の的の段は有名ですね。

    与一目をふさいで、「南無八幡大菩薩、我が国の神明、
    日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神、願はくは、
    あの扇の真ん中射させてたばせたまへ。これを
    射損ずるものならば、弓切り折り白害して、人に
    二度面を向かふべからず。いま一度本国へ
    迎へんとおぼしめさば、この矢はづさせたまふな。」
    と心のうちに祈念して、目を見開いたれば、風も少し
    吹き弱り、扇も射よげにぞなつたりける。
     与一、かぶらを取つてつがひ、よつぴいて
    ひやうど放つ。小兵といふぢやう、十二束三伏、
    弓はつよし、浦響くほど長鳴りして、あやまたず
    扇の要ぎは一寸ばかりおいて、ひいふつとぞ
    射切つたる。かぶらは海へ入りければ、扇は
    空へぞ上がりける。しばしは虚空にひらめきけるが、
    春風に一もみ二もみもまれて、海へさつとぞ散つたりける。
    夕日のかかやいたるに、みな紅の扇の日出したるが、
    白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬ揺られければ、
    沖には平家、ふなばたをたたいて感じたり、
    陸には源氏、えびらをたたいてどよめきけり。

    中学生の頃はこのページを丸々覚えていたものです。
    植竹碧先生は元気かねぇ。
    Tags: 那須 PlanarT*1.4/50 CENTURIA200

    Comments:0

    Comment Form

    Trackback+Pingback:0

    TrackBack URL for this entry
    http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/1139-2b069fec
    Listed below are links to weblogs that reference
    歴史 from "Did you get pictures?"

    Home > 写真 > 歴史

    写真Links
    Archives

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。