FC2ブログ

Home > 千代田光学 MINOLTA AUTOCORD L

千代田光学 MINOLTA AUTOCORD L



まだミノルタが千代田光学のカメラブランド名だった頃のカメラ。
時代が進むと上蓋の三角のところやレンズ銘板が
CHIYOKOではなくてMINOLTAになっているみたいだ。

レンズはROKKOR 1:3.5 f=75mm
絞り羽根は10枚だ。
まだ手抜きというのを知らない時代のカメラという印象。
隅々まできちっと作ってある。
だからこそ50年の時を経て今でも使えるのだろう。
個人的には金属は文化のひとつだと思っている。
何百年、何千年を経て今に現れてきたりするから。

さて、このカメラ、1955年ということで母親曰くカラー撮れるの?と。
つまり、その頃ってモノクロフィルムしかなかったではないか?と。
撮れるには撮れる事は間違いないけれど、薄膜の技術を
考えたときには多分モノクロしか考えてないよね。

ということで、フジのカラーフィルムがいつ発売になったかを
紐解いてみるとどうやら1958年(昭和33年)のようだ。
感度は32で、20枚撮りだったそうな。ココ参照
まぁ、Velvia50を使うと思ってみればほぼ間違いないか。

おじいさんなカメラなのでいつまでお付き合いできるかわからないけれど、
ご臨終までバリバリと使ってあげるつもり。
早朝の山へもお付き合いいただこう。
当然、男体山にも連れて行くつもりだ。

Tags: ブツ撮り 機材 105mmF2.8S_MICRO

Comments:2

我楽多 URL 2009-05-19 (火) 11:20

中判デビューおめ!
家にもミノルタ銘のミノルタオートコードがありましたが、Nikonの下取りに出しちゃった・・・
今から思うと置いておけば好かったと・・・

冷蔵庫のフイルム・・・
私のは息子が県外で一人住まいしていた時に買った小さな冷蔵庫が余ったのでフイルム用にしていますが、殆どがVelvia100と50の120&220と135・・・
発色傾向をそろえるため同じロットのを春にまとめ買いしてます・・・

しょ URL 2009-05-19 (火) 18:29

ありがとうございます。

モノってそのときには要らなくて、後で残しておけばというのは多いですね。

私はフィルムは使いたいときに買うくらいで、
ロットによるばらつきは全然気にしていないです。。。
まだその差が気になるほどのレベルではないですし、
写すことを楽しめればそれでオッケーという面が強いです。

老体にムチうって楽しむつもりです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/1425-924e5d14
Listed below are links to weblogs that reference
千代田光学 MINOLTA AUTOCORD L from "Did you get pictures?"

Home > 写真 > 千代田光学 MINOLTA AUTOCORD L

写真Links
Archives

Page Top