FC2ブログ

Home > GT-X970 スキャン方法の試行

GT-X970 スキャン方法の試行



ブローニーのスキャンで悩むことのひとつがフィルムの平坦性だ。
これが悪いがために写真全体がもやっとしてしまったり
直線が曲線になってしまったりする。
自分はGT-X970を使っているけれども、これのホルダーの出来は
たいしてよくないために平坦性の確保は望めない。
ここに来る人のいくらかはこのスキャナのスキャン方法でたどり着いているようだし
みんなナカナカ悩んでいるところだと思う。

以前は枠を作ってみたりもしたけれど、あまり効果も無い感じもしていたところ
無反射ガラスを使うとよいとの事だったので買ってみた。
六つ切サイズで1000円ちょいだった。

↓これはハイライト部の等倍切り出し@2400dpi

手持ちによるブレを考慮してもなかなかよい解像度だと思った。
また、フィルムのおかげだろうけれども、白い毛糸に光があたって
飛びそうなのに飛んでいないのにも驚いた。
E100GPは期限切れ寸前のものを買ったのだけれども、ハイライトの
具合がいいのと、シャドーがかなり粘って黒までなかなか行かない事に驚いた。
E100Gよりもラティチュードが広い印象。

ただ、ちょっと弱点もあって、干渉縞がでるのです。
等倍写真の右下にもでてますけど。

これは解決できないと思う。
干渉縞できる仕組みが光の波長によるため、フィルムが完全平面で、
かつ、無反射ガラスがフィルムと平行であることが
鑑賞縞ができないことの条件になるはずだから。。。
気になる人は高校時代の物理の教科書を引っ張り出して
波長λのところを復習してください。
これは光学ガラス研磨の仕上がりを見る上でも使われる原理ですわな。

ということで妥協が必要なのですが、上の写真を見る限り目立たないので
平坦性とのバランスをとればありかな、と。
さていかが?

もちっと干渉縞がでにくい方法を考えてみたいと思いますが、
なにか良いアイデアがあれば。。。

裏返してスキャンすると干渉縞が出にくいとの話もあるけれど、出た。
(フィルムの数字が普通に読める向き。)

Tags: AUTOCORD_L E100GP

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:1

TrackBack URL for this entry
http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/1583-3feb5bd2
Listed below are links to weblogs that reference
GT-X970 スキャン方法の試行 from "Did you get pictures?"
Trackback from 2012-04-05 (木) 18:03

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Home > 写真 > GT-X970 スキャン方法の試行

写真Links
Archives

Page Top