FC2ブログ

Home > 感覚 空気

感覚 空気


たまにはのんびりおきて、ゆっくりしてという一日もすごす。エネルギーの蛇口や感覚が半分閉じたような、そんな感じ。
けれど、お茶でも飲みながらココロを穏やかにしてじっとしていると、感覚の感度が上がる。いやなあがり方ではない。風のそよぎや陽の暖かさ、お茶の甘さなどを感じ、まわりのお客さんの声という音に意識を沈める。体の底に何かがたまる。

図書館でElliott Ewrittの「美術館に行こうよ!」という写真集を借りてきてのんびりと眺める。過去にも何度か借りたことがあるが、なんとなく好きだ。モノクロのざらついた感じが立体感を持たせる。
ちょっと雰囲気ある写真、なにが違うのだろう。
写真を撮っていると空気感なんて言葉を聞くが、いったいなんなのだろう。写真に篭ったその場の雰囲気かな。音楽で言えばGroove感とか、そんなところだろうか。

ガッツリ構えた写真も撮る?けれど、こうやって感覚が半分閉じたような時に撮れる写真も好きだ。だいたいのカメラの方向を決め、フォーカスエリアを視線の先に設定して、あとは遠めにファインダーを覗くだけ。カメラを構えるわけではないから構図の半分も見えていない。ただただ視線を写しただけ。力の入っていない写真。






静かな空気を共有できるような人に座って欲しいなぁなんて思ったりもするけどね。

自分の感覚をひらける相手というのは滅多にナイ

そして、視線は泳ぐ。。。





そういえば、はじめてここのオーナーを見かけた。いい雰囲気のおじさん。おじさんというとヤワすぎるけどね。

※ 店の名前を出すという無粋はお断りですのでヨロシク(コメント欄に書かないでね)
Tags: snap 35mmF2D

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/314-130318be
Listed below are links to weblogs that reference
感覚 空気 from "Did you get pictures?"

Home > 写真 > 感覚 空気

写真Links
Archives

Page Top