FC2ブログ

Home > 雨の黒羽 ~大雄寺と雲巌寺をめぐる~

雨の黒羽 ~大雄寺と雲巌寺をめぐる~

雨の日のお気に入りコース。風情があってよいのです。


彼岸花が其処彼処に咲いているのを眺め、(赤は撮るのが難しいです。うまく撮れたか?)


参道の階段を上がると


総門がお出迎え。


回廊の周りを眺め、 (これだけPlanarで。)


紅く色づく前のモミジを楽しむ。


足を伸ばして雲巌寺を訪れる。


歴史ある山門をくぐり抜け、


お堂の横を抜けて上がる。


コスモスが綺麗でした。(落ちなし)

ピクチャーコントロールは「ポートレート」を使ったのに、まるで「風景」のような色のりとシャープネスにビックリ。
写真bloggerさんにちょこちょこ見受けられるアンシャープマスクを後からかけすぎた写真は見ていて目が痛くなりますが、そういうシャープさとは別物。解像度が高いゆえにそう感じるのかも。
アンシャープマスクはデジ写真ならまず必要ないです。使うのはフィルムをスキャンしたときくらい。

Planar50mmとDistagon25mmの2本があればほとんどどこでも足りてしまいそう。山に行くならこれにAiNikkor135mmで完璧か。
フィルム換算で78mmと39mmの画角が使いやすい。(厳密には、25と50ではないらしい。。。)

Pentaxのちょっと変わった焦点距離のFA77mm F1.8 LimitedとFA43mm F1.9 Limitedが人気が出た理由もわかる気がします。
まずは描写でしょうけど。

余談ですが、大雄寺は禅宗寺院の建築様式(総門・本堂・御霊屋・座禅堂・鐘楼・経蔵・回廊・庫裏などの七堂伽藍)が残っており、なかなかよい雰囲気のところです。
最近(と言っても4月だったかな)、映画だか大河ドラマだか忘れましたが、「永平寺」(?)で、ここの回廊が撮影に使われたそうです。ここの土の回廊、踏みしめられた感じに歴史を感じることができます。

また、経蔵には黄檗宗関係の貴重な古文書がしまわれているということ前回行ったときに宝物館で伺いました。昔(定年を迎えたおじさんが大学生の頃。。。)は本堂などで虫干しができたのだけれども、昨今治安が悪くてそれができないとも。。。

そうそう、前回の萱葺き替えのための古くからの檀家さん一軒当たりの負担は40万だったそうです。自分の家ではないところに40万の負担は大きいですよね。。。
国の補助が受けられればなんとかなるんだけどとおっしゃっていましたが、こうやって個人の負担が大きすぎると維持しきれなくなって貴重な文化遺産が廃れていってしまうのでしょう。

資本主義社会にあって歴史の維持というのは大変なものだと思ったのを思い出しました。
大雄寺のHPはこちら
雲巌寺はHPなし。隣に芭蕉の館があります。黒羽には結構長く逗留したそうです。
Tags: 黒羽 DistagonT*2.8/25 PlanarT*1.4/50

Comments:4

ちょび URL 2008-09-21 (日) 20:34

おお、素晴らしい正に日本の美ですな~。もう彼岸花の季節なんですね~、一年なんてあっとゆうまですな~、、、、赤が法話せずに水滴も良いアクセントですっごく良いです。しかし寺の写真も良いですな~。七堂伽藍がそろっている寺っていいですよね~。しかも新しく建てられたものよりもやはり古びた木造建築というのは見ていて落ち着きます。それにしても改修の費用を檀家さんの頭で割るってのは大変ですよね。

ただ都会の人達の感覚とはちょっと違い、田舎の人の間では、檀家ってのは、ある意味パトロンという考え方が結構浸透してまして、うちの方では「おらっちは寺にこれだけ寄付したで、」ってんで胸を張る農家の人も多いです。要するに寺は坊主のものではなく、村のシンボルて感覚ですかね。ですから観光の名所になったりすると誇り高いでしょうし、住職ってのはあくまでも寺守りという考え方でしょうか。まあもっともお武家さんの時代からそういうものだったのでしょうし。でその地域が豊でなくなると、寺も一緒に廃れるというのは世の常と申しましょうか、、、立派なお寺を維持されている大雄寺と雲巌寺の檀徒さんに感謝ですね~。もちろんもり立てている御住職にもですが。(-人-)

しょ URL 2008-09-21 (日) 20:52

こんばんは

赤は本当に難しいですね。彼岸花を撮ってあげる人は多かれど、大概赤が飛んでしまっていて難しいなぁと。
本当はもちっと被写界深度を稼ぎたかったのですが、三脚を持っていかなかったのでこれで手打ちでしたw

檀家さんがパトロンでお寺が集落の精神的な中心という考え方、あんまり持ってなかったです。
たしかに昔ながらの集落をみると信仰と生活が混在しているというのは感じていましたが、あくまでも生活を圧迫しない範囲で、と思っていたので自慢するネタになりうるというのが新鮮でした。

歴史や地域は知るほど面白いですね。

hige-megane URL 2008-09-21 (日) 23:02

こんばんは。同じDistagonでも25mmの方がより鋭い切れ味を感じます。
同様に大口径広角となる28mmもまた違うのかもしれませんね。
ゾナー135mmなんかモZFマウントで出ないかなと思ってます。

しょ URL 2008-09-21 (日) 23:14

こんばんは

MTFだけみると28が25、35と比べると一番ゆるいようですけど、どんな印象になるのでしょうね。

明日晴れれば山に行く予定なので、どんな感じで撮れるのかも楽しみです。
まずは晴れて景色と空気が楽しめるのが一番なのですが。。。

Sonnar う~ん、懐が。。。
実は望遠域をほとんど使わないので、今のラインナップで結構満足しています。
135mmは滅多に使わないこともあって、中古で安かったので買ったというのもあります(笑

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://sshoohs.blog99.fc2.com/tb.php/869-6e725558
Listed below are links to weblogs that reference
雨の黒羽 ~大雄寺と雲巌寺をめぐる~ from "Did you get pictures?"

Home > 写真 > 雨の黒羽 ~大雄寺と雲巌寺をめぐる~

写真Links
Archives

Page Top